gaYa広告

2011年07月12日

CIAは偽のワクチン接種で、ビン・ラディンのDNAを確認?!

NPR(National Public Radio)は、イギリスの新聞「ガーディアン(Guardian)」と「ニューヨークタイムズ(New York Times)」からのレポートとして、ウサマ・ビン・ラディンがアボッタバード(Abbottabad)での夜間襲撃で殺される前、たしかにそこで生活していることを確認する物的証拠を得るために、大統領最高テロ対策担当官ジョン・ブレナン(John Brennan)が、入念な策略を使用したと報告した。

シャキル・アフリディ(Shakil Afridi)と呼ばれるパキスタン人の医師に助けられた無名の政府筋が報告した書類によると、CIAはにせのワクチン接種イニシアチブを開始したと報告している。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

何カ月も、看護師のアフリディ人とチームは、最初にアボッタバードの貧しい郊外でHepatitis Bワクチンを人々に施し、次に、ビン・ラディンが住んでいた郊外のBilal Townに動いた。

ニューヨークタイムズは、医師が、そこに入るのに成功したと報告したが、ビン・ラディンを見つけられないで、DNAサンプルを入手できまなかったと報告している。

ガーディアンは、アクセスを得た彼の看護師のひとりであったと報告している。

フルネームがムフタール・ビビ(Mukhtar Bibi)で、バクート(Bakhto)として知られている看護師は、ワクチンを管理するために何とかビン・ラディンの自宅にに入った。

数人の情報筋によると、外で待った医師は、電子装置を取り付けられたハンドバッグを中に入れるように彼女に言った。

その電子装置が何で、彼女がそれを後に残したかどうかは、明確ではない。

また、1つの情報筋は、その操作が成功しなかったと示唆したが、CIAがビン・ラディンのDNAを得たかどうかは、明らかになっていない。

両方のレポートは、パキスタン人の医師シャキル・アフリディが、先月パキスタンによって逮捕されたCIAの通報者の中のひとりであったと報告している。

まるで映画のようだが、成功していないのが映画のようには行かないことも明らかにした。

アボッタバード(Abbottabad)のGoogle Earthポインター情報
34° 8'48.00"N,73°12'59.00"E
または、
34.146667, 73.216389

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。