2011年07月12日

地震、津波、原発事故から挑戦する高校野球児の暑い夏!

ニューヨークタイムズ(New York Times)は、「In Fukushima, Japan, a Baseball Story of Coming Together and Carrying On」を公開し、3月に東北を襲った地震と津波、福島の原子力発電所の崩壊で、
放射能濃度が非常に危険で、それまでの高校は捨てられた!
そして、高校野球児は全国の都市に避難した。

それらの地域の高校野球チームは突然、すべてのチャンスをなくしたと思われた。

しかし、誰も大阪で開催される年に一度の甲子園の夢を捨てなかった!
夏の大会参加資格を与える機会を逃したがっていなかったと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

そしてある土曜日に彼らは立ち上がった!
キャンプを張り、シートノックを開始した。

被災地連合チームとして参加することになった!

数人の高校野球児は、家族、友人または家をなくした。
彼らの大部分は、ニューコミュニティの見知らぬ人の中で生活していた。

混乱の中で、野球は何らかの均衡を提供した。

そして、それは美談として、希望のシンボルになった。

彼らの人生とそれらが創設したチームは、激しくニュース・メディアの関心を集め、焦点にあてられた。

彼らは現在、県下に点在して、各週末のある日だけ一緒に練習できる。
それらの話はさらに無視できなくなった。

人かの少年は、一度も一緒にプレーしたことがない。
しかし、彼らは親友になった。

これまで、日本のメディアだけが注目してきたが、今回ニューヨークタイムズが取り上げたことから、このニュースは、世界中が注目するようになった。

今年の甲子園は、世界中が注目するチームが参加できるのか?
もう、東北の代表だけではない!
世界の代表かもしれない!

高野連は、どうする?

こんなもの凄い連合野球チームが過去にあっただろうか?

高野連史に残るチームが誕生した!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。