2011年07月12日

中国で、スマートTVの統一基準作りに着手。

新華社は、2011年07月02日に開催された2011年スマートテレビ市場発展状況座談会(2011年智能电视市场发展趋势座谈会)で、中国のスマートテレビ(Smart TV)の標準化作業がすでに始まり、当局が関連基準作りに着手したことが分かったと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

基準が発表されれば、急成長しつつあるものの、ばらばらの方向に向かっているスマートテレビ産業が規範化されていくことになる。

2010年が地球規模での3D TV元年と言われ、2011年上半期、多くのテレビメーカーがスマートテレビ分野で動きを見せた。
サムスン(三星)やTCL、海爾、康佳、パナソニック、創維、LGなどを含む内外のテレビブランドが40シリーズ以上のスマートテレビを発表した。

すべてのメーカーが自社製品の機能をアピールしているが、基準、機能はまちまちで、消費者はどれを選べばいいか迷う状況になっている。

サムスンの製品ではテレビ視聴はもちろん、インターネットやDVD、パソコン、携帯電話、カメラ、ビデオ・カメラなどのコンテンツも見ることができる。
さらに無料のアプリケーションストアからアプリをダウンロードすることも可能になっている。

スマートテレビの市場価格はまだ高いが、中国電子商会の陸刃波副秘書長によれば、値下がりの兆しも見えてている。

問題は、インターネット・カフェを若者が利用するようになり、膨大な数のインターネット中毒患者が見つかったことであり、今後それが家庭内にも広がると言うことである。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。