2011年07月11日

交通事故の危険を増加させることが立証されたテキスト・メッセージング。

Cellular-Newsは、GHSA(Governors Highway Safety Association)による米国の自動車運転手の研究調査レポートを紹介し、交通事故の15〜25%が、注意散漫が原因で、致命的な負傷、物的損害に関連していると予測したと報告している。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

また新しいレポートでは、携帯電話使用より、テキスト・メッセージングがリスクを増加させ、どんな携帯電話使用も交通事故の危険を増加させることがわかった。

このレポートの開発を監督したGHSA事務局長バーバラ・ハーシャ(Barbara Harsha)は、
「運転手の注意散漫に関して書かれているすべてにもかかわらず、私たちが知らないいろいろな事がまだあります。」
「研究の多くが、不完全であるか、または相容れません。」
「明確に、より多くの研究が、問題の範囲とどう事実上それを記述するか両方を記述し終わる必要があります。」と言っている。

また、レポートは米国政府が考えるべき対策として、
* 未熟運転者、すべてのドライバーのため、携帯用のハンズフリーなものと同様に、テキスト・メッセージング禁止令と完全な携帯電話禁止令を制定する。
* すべての既存の携帯電話とテキスト・メッセージング法を実施する。
* 散漫駆動コミュニケーション・プログラムを実行する。
* 雇い主が散漫運転政策とプログラムを開発して、実行することを助ける。
を記載した。

バーバラ・ハーシャは、
「散漫運転が多くの怒りを路上に上げる感情的問題ですが、州は問題と取り組むことへの研究ベースのアプローチを取らなければなりません。」
「より多くの研究が行われるまで、州は、考え深く、そして、規律正しく、そして客観的に続く必要があります。」と強調した。

私は以前、何度もメール中に事故を起こし、胴体がちぎれて即死した写真を見たことがある。
彼らは、目を開けたまま死亡し、そこで何が起こったのかを理解していないようだった。

しかし、彼はすでに死亡していた!
それは、あまりにも悲惨であった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。