gaYa広告

2011年07月11日

交通事故の危険を増加させることが立証されたテキスト・メッセージング。

Cellular-Newsは、GHSA(Governors Highway Safety Association)による米国の自動車運転手の研究調査レポートを紹介し、交通事故の15〜25%が、注意散漫が原因で、致命的な負傷、物的損害に関連していると予測したと報告している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

また新しいレポートでは、携帯電話使用より、テキスト・メッセージングがリスクを増加させ、どんな携帯電話使用も交通事故の危険を増加させることがわかった。

このレポートの開発を監督したGHSA事務局長バーバラ・ハーシャ(Barbara Harsha)は、
「運転手の注意散漫に関して書かれているすべてにもかかわらず、私たちが知らないいろいろな事がまだあります。」
「研究の多くが、不完全であるか、または相容れません。」
「明確に、より多くの研究が、問題の範囲とどう事実上それを記述するか両方を記述し終わる必要があります。」と言っている。

また、レポートは米国政府が考えるべき対策として、
* 未熟運転者、すべてのドライバーのため、携帯用のハンズフリーなものと同様に、テキスト・メッセージング禁止令と完全な携帯電話禁止令を制定する。
* すべての既存の携帯電話とテキスト・メッセージング法を実施する。
* 散漫駆動コミュニケーション・プログラムを実行する。
* 雇い主が散漫運転政策とプログラムを開発して、実行することを助ける。
を記載した。

バーバラ・ハーシャは、
「散漫運転が多くの怒りを路上に上げる感情的問題ですが、州は問題と取り組むことへの研究ベースのアプローチを取らなければなりません。」
「より多くの研究が行われるまで、州は、考え深く、そして、規律正しく、そして客観的に続く必要があります。」と強調した。

私は以前、何度もメール中に事故を起こし、胴体がちぎれて即死した写真を見たことがある。
彼らは、目を開けたまま死亡し、そこで何が起こったのかを理解していないようだった。

しかし、彼はすでに死亡していた!
それは、あまりにも悲惨であった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。