2011-07-11

交通事故の危険を増加させることが立証されたテキスト・メッセージング。

Cellular-Newsは、GHSA(Governors Highway Safety Association)による米国の自動車運転手の研究調査レポートを紹介し、交通事故の15〜25%が、注意散漫が原因で、致命的な負傷、物的損害に関連していると予測したと報告している。

[AD] You can advertise on this site.

また新しいレポートでは、携帯電話使用より、テキスト・メッセージングがリスクを増加させ、どんな携帯電話使用も交通事故の危険を増加させることがわかった。

このレポートの開発を監督したGHSA事務局長バーバラ・ハーシャ(Barbara Harsha)は、
「運転手の注意散漫に関して書かれているすべてにもかかわらず、私たちが知らないいろいろな事がまだあります。」
「研究の多くが、不完全であるか、または相容れません。」
「明確に、より多くの研究が、問題の範囲とどう事実上それを記述するか両方を記述し終わる必要があります。」と言っている。

また、レポートは米国政府が考えるべき対策として、
* 未熟運転者、すべてのドライバーのため、携帯用のハンズフリーなものと同様に、テキスト・メッセージング禁止令と完全な携帯電話禁止令を制定する。
* すべての既存の携帯電話とテキスト・メッセージング法を実施する。
* 散漫駆動コミュニケーション・プログラムを実行する。
* 雇い主が散漫運転政策とプログラムを開発して、実行することを助ける。
を記載した。

バーバラ・ハーシャは、
「散漫運転が多くの怒りを路上に上げる感情的問題ですが、州は問題と取り組むことへの研究ベースのアプローチを取らなければなりません。」
「より多くの研究が行われるまで、州は、考え深く、そして、規律正しく、そして客観的に続く必要があります。」と強調した。

私は以前、何度もメール中に事故を起こし、胴体がちぎれて即死した写真を見たことがある。
彼らは、目を開けたまま死亡し、そこで何が起こったのかを理解していないようだった。

しかし、彼はすでに死亡していた!
それは、あまりにも悲惨であった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE