on-the-time.jp

2011年07月11日

手書き文字と筆跡。

手書き文字の筆跡とそのキャラクターは、どのように作られるか?と言うことで、The Atlanticは、「How Handwriting Builds Character」を公開した。

個性が表現することは、非常に微妙であって、扱いにくい場合がある。 しかし、その基礎がすべて手首にあったと報告している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

脳に、学習筆跡は良いかもしれない。
それは驚いたことに忘れられない広告を奮い立たせさえするかもしれない。

しかし、また、それは犯罪を防止するかもしれない。

日本や中国のように、印鑑社会ではない欧米では、手書き文字と筆跡の研究はかなり盛んで、ドイツの図書館に2ヶ月くらいこもって文献をあさったことがある。

ではその結果は確実かと言うことになると、少し明確化にかける。

以前、ケニヤの銀行でトラベラー・チェックに30枚くらいサインをすることになったが、ケニヤの銀行マンがびっくりしていた。
なぜなら、30枚ともサインがバラバラであった。
どう鑑定するのかと言うことになり、私のパスポートを見せ、私のサインがバラバラなのも個性だと言って納得させたことがある。

つまり、手首の疲れが、文字を安定させていなかった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。