gaYa広告

2011年07月11日

手書き文字と筆跡。

手書き文字の筆跡とそのキャラクターは、どのように作られるか?と言うことで、The Atlanticは、「How Handwriting Builds Character」を公開した。

個性が表現することは、非常に微妙であって、扱いにくい場合がある。 しかし、その基礎がすべて手首にあったと報告している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

脳に、学習筆跡は良いかもしれない。
それは驚いたことに忘れられない広告を奮い立たせさえするかもしれない。

しかし、また、それは犯罪を防止するかもしれない。

日本や中国のように、印鑑社会ではない欧米では、手書き文字と筆跡の研究はかなり盛んで、ドイツの図書館に2ヶ月くらいこもって文献をあさったことがある。

ではその結果は確実かと言うことになると、少し明確化にかける。

以前、ケニヤの銀行でトラベラー・チェックに30枚くらいサインをすることになったが、ケニヤの銀行マンがびっくりしていた。
なぜなら、30枚ともサインがバラバラであった。
どう鑑定するのかと言うことになり、私のパスポートを見せ、私のサインがバラバラなのも個性だと言って納得させたことがある。

つまり、手首の疲れが、文字を安定させていなかった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。