2011年07月11日

インドネシアの女性はFacebook中傷で、執行猶予6カ月!

BBC Newsは、インドネシアの女性が病院で受けた処理に関して不平を言った後に、病院を中傷したとして6カ月の執行猶予刑が言い渡されたと報告した。

インドネシアの女性プリタ・ムラヤサリ(Prita Mulyasari)は、彼女の友人が3年以上前に彼女の友人が3年以上前にフェイスブックに掲示したメールで病院を批評しました。に掲示したメールで病院を非難した。

刑事上の、そして、民間である苦情が以前の傍聴でともに捨てられたが、最高裁判所は、下級裁判所の判決を却下して、月曜日に彼女の判決を下した。

この事件は、インドネシアで巨大な叫び声をかきたてて、2009年の総選挙で問題になった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

スシロ・バンバン・ユホヤノ大統領(President Susilo Bambang Yudhoyono)を含む政界の長老は、彼女の事件のサポートを提供した。

彼のライバルのメガワティ・スカルノプトリ(Megawati Sukarnoputri)は刑務所に彼女を訪問した。

多くのインドネシア人が、司法制度が世間一般の人の上で、豊かで、強力に支持すると感じていた。
そして、プリタ・ムラヤサリの事件はその視点で無罪に思えた。

何十万は彼女の無実を宣言するインターネット上の嘆願に参加した。

34歳の弁護士は、高裁判所の決定を不服として上訴するかどうか決めていないと言った。

彼女は、その議決に与える前に、検察官がなぜ彼女に対してケースを追求することをそれほど切望していたかを理解できないとジャカルタグローブ(Jakarta Globe)に話した。

彼女は、
「私は、私たちの法の執行者が、大きい汚職事件よりむしろ小さいケースを扱うのを好むのが、変であると本当にわかりました。」
「とても遅れた考えが、インドネシアの法的なシステムにありますか?」

この件は2008年中頃までさかのぼり、その時、プリタ・ムラヤサリはおたふく風邪にかかったが、オムニ国際病院(Omni International Hospital)がデング熱と彼女を誤診したと20人の友人にメールした。

そのメッセージは、Facebook上とほかの場所に、彼女が知らないうちに掲示された。

これくらいのことは、毎日日本で起こっていることだろう。

完全に政争に巻き込まれてしまったようだ。
オムニ国際病院が起訴を取り消さないのか?

ジャカルタの近くのタンゲラング(Tangerang)で病院は、初め、彼女に対して両方の民事および刑事上のケースを追求した。

法廷が両方のケースを拒絶したとき、検察官は、決定を不服として上訴した。
そして、中傷によって、最高裁判所は、結局、論議を呼んだ電子情報とトランザクション法(Electronic Information and Transactions Law)の下で、彼女を有罪と宣告した。

この法では、6年までの刑務所収監の判決が下せることになっている。

検察官は、外の他からの影響があったという主張を否定した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。