2011-06-28

国際宇宙ステーションに宇宙の粗大ゴミ大接近!

AFPは2011年06月29日に、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)に滞在中の古川聡(Satoshi Furukawa)宇宙飛行士を含む6人が2011年06月28日に、宇宙の粗大ゴミ(Space Junk)大接近で乗員全員がISSに連結されているソユーズ(Soyuz)宇宙船に避難したと報告した。

NASAによると、宇宙ごみは推定で日本時間の同日午後9時8分(8:08 a.m. EDT/1208 GMT)、ISSまで260m(850フィート)の地点まで接近した。
宇宙ごみの大きさは不明だというが、いつか大事故になることだろう。

今回は接近による被害はなく、乗員らは約30分後に通常業務に戻った。

2009年3月12日にも同様に乗員全員が避難する事態が起こっている。
宇宙ごみの接近は非常にまれなことだが、宇宙には、多くのゴミが漂っている。