2011-06-29

GSMAモバイル・マネー・サミット2日目の衝撃。

モバイル・マネー

GSMA Communicationsは、GSMAモバイル・マネー・サミット(GSMA Mobile Money Summi)の第2日目ショーがシンガポールで始まったと報告してきた。

ビザ・アウトライン「デジタル財布(digital walle)」ビジョンが、韓国で10万人のpayWave申込者があったと報告した。

ビザのモバイル革新のヘッドであるビル・ガジャ(Bill Gajda)は早朝の基調セッションを開き、会社の計画を告知することによって、「本当のデジタル財布(true digital wallets)」として、HanaSK Cardとのイニシアチブが既に10万のアカウントの申し込みをしたというニュースによって、野心があおられたと言った。

つまり、ビザと言うブランドだけで、内容はともかく10万人が動いた。

また、世界の2大銀行シティ(Citi)とスタンダード・チャータード(Standard Chartered)の早朝基調講演では、馬鹿なパイプの罠を避けるために協力して作業しなければならないと言っている。

米国の巨大なシティのディックソン・チュウ(Dickson Chu)は、「銀行が'保守的な機構'のままで残っている。」と認めて、「支払いにおけるすばらしい革新の大部分は銀行から来ませんでした。」と認めた。

つまり、ビザ、シティ、スタンダード・チャータードなどは、このお金の急激な変化に焦っている。

そして、彼は、急速に発展するモバイルお金が売り出されると警告したことは、「馬鹿なパイプになるのに私たちを左遷してはいけません。」
「彼の解決策は、Googleとアップルの同様のものによって発表される新しい広告で資金を供給されたモデルに'銀行グレード'伝統的な支払いモデルを結合するいわゆる'ハイブリッド・モデル'をめざして努力することでした。」といっている。

ところが、シティは、クレジットカードとデビットカードのハイブリットを実現したが、双方向もモバイル・マネーは、理解できていない。

これまでの大手ほど、先も、現在も見えていない。

実にもの凄い状況になってきている。