2011-06-29

スーパーコンピュータで、竜巻を予測。

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、毎年、多数の死者、環境、インフラストラクチャへの物理的な損害をもたらして、竜巻は米国を引き裂いている。

過去10年間で年間平均1,274をしのいで、今年は約1,475の竜巻が起こると米国気象サービス(National Weather Service)は予測している。

これらの回転している巨大な竜巻の多くがロッキーとアパラチア山脈(Rocky and Appalachian Mountains)の間の平野を襲っている。

それで、竜巻の通過地点の中心にあるオクラホマ大学(University of Oklahoma)の研究者は、竜巻(Tornado)がどのように形成されるか、そして、どのようにそれらをよりよく予測するかを知りたがっていると報告した。

タスクが、変数そのようなもの、回転の上昇気流か下降気流と渦度か範囲--地面竜巻追跡者から観測するか、または実際に大気の中で生産さえできることより、より多くの嵐からのデータを組み立てることに伴う。

例えば、研究者は、竜巻の構成に先行して、嵐における上昇気流が高さがある風の向きにおける変化で回転する方法をより理解する必要がある。

オクラホマ大学のコンピュータ科学学校の准教授エイミー・マクガヴァン(Amy McGovern)は、広大な量のデータを処理できるスーパーコンピュータで竜巻モデルを創造している。

マクガヴァンと彼女の同僚は、嵐の変数が竜巻、そして、非竜巻の嵐を特定するためにどう相互作用するかを分析するのにモデルを使用した。

マクガヴァンは、「私たちの研究の目標が、基本的に私たちの竜巻の構成の理解を変えることである。」
「長い期間、私たちが、いくつかの嵐がなぜ竜巻を発生させるかをより理解するつもりであるのに応じて、これは竜巻の予測を劇的に改良するでしょう、そして、他のものはそのように改良しません。」
「より正確な予測、および警告のリードタイムが希望をいだいて改良されていた状態で、より多くの人々が警告を意に介して、その結果、死亡と特性を抑えることを願っています。」
と言っている。

そして、研究者は、現在シミュレーションを発生させるためには世界で8番目に速いコンピュータであるTeragridコンピュータKrakenなどのスーパーコンピュータを使用し始めたと言っている。