2011-06-29

ビルマの政府、ウン・サン・スー・チー女史に警告!

BBC Newsは、ビルマの国営メディアは、ビルマ政府が、すべての政治活動を止めるように民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)女史と彼女の党NLD(National League for Democracy)に警告した、と報告した。

ビルマ政府の内務省は、彼女の党がオープンにオフィスを維持することによって法を犯して、ミーティングを開いていたとノーベル平和賞受賞者に言った。

この最初の公式の警告は、アウン・サン・スー・チー女史とNLDの議長アウン・シェベ(Aung Shwe)への手紙で知らされた。

ミャンマー新聞New Lightは、
「社交の会に従事したいなら党が、社会組織として登録するのに申し込む。」
「有効に民主主義を受け入れて、本当に活動したいなら、彼らは人々での統一と同様に平和と安定と法の支配に害を及ぼすような行為を止めることになっています。」と言った。

アウン・サン・スー・チー女史は解放以来、はラングーンに軟禁から留まっている。
しかし、彼女は、すぐ彼女の支持者に会うために田舎に旅行することを計画していると言った。

国営新聞における論評は、そのような移動が混乱を引き起こす場合があると警告している。