2011年06月23日

ワニと海洋の生態系の関係。

美容と医学の科学

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、ワニは米国の南東淡水領域のいたる所に生息していると報告した。

また、科学者は、米国のワニが河口で塩からい水域にすうっと入ることが判った。

海洋、そして、河口にできて淡水の食物網の間の関係を作成して、これらの「移動」ワニは非常に異なった生息地をつなげている。

FIU(Florida International University/フロリダ国際大学)の科学者のアダム・ローゼンブラット(Adam Rosenblatt)は、
「アリゲータ(Alligators)と異なって、クロコダイル(crocodiles)には塩を排出できる腺がないので、淡水で低塩分へのアクセスによく行かなければなりません。」と言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本語はアリゲータ(Alligators)、クロコダイル(crocodiles)の両方が単にワニであり、さらにGatorsもワニである。

また、英語の中で、Theseとなると、どちらなんだと悩ませる。

「しかし、クロコダイルが、より塩辛い環境を利用するのを妨げません。」と言っている。

FIUで、ローゼンブラットとマイケル・ハイトハウス(Michael Heithaus)は、南部フロリダでの淡水、塩水の生息地の間のアリゲータの動きの研究を行った。

それらの結果は雑誌「Animal Ecology」の最新号で報告した。

Does variation in movement tactics and trophic interactions among American alligators create habitat linkages?

1. Adam E. Rosenblatt1,*,
2. Michael R. Heithaus2

Article first published online: 21 MAR 2011
DOI: 10.1111/j.1365-2656.2011.01830.x
Issue: Journal of Animal Ecology
Volume 80, Issue 4, pages 786–798, July 2011

詳細も紹介しようとしたが、アリゲータ、クロコダイル、Gatorsで混乱するので中止した。

昔はワニ皮のカバン、靴、ハンドバック、ベルトなども売られていたが、動物愛護で中止された。
しかし、昔スリランカでバスの上から、路上を歩くワニを見て、そこでの下車を中止したことを思い出す。

奴らはときどき背中を日干しにして、川に戻るとき、川岸にいる人間を後ろから襲って、川に連れ込み、殺して食うとケニヤで聞いた。

ケニヤのナイロビ・ワには、体調10mにもなる。胴回りも3m以上で、人間を頭から飲み込める。
噛みついたら、胴体を回して、肉を引きちぎろうとする。

原始的な動物だが、どう猛である。
そこには、どこも可愛く感じない!

アメリカ大陸、アフリカ大陸、オーストラリア、中国、インドにもいる。

と言って、ワニ皮のカバンなどを持っている人が、ファッションセンスがよくも感じない。

いや、悪趣味である。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。