gaYa広告

2011年06月21日

10代のハッキング容疑者がイギリスで逮捕!

米国の新聞「ロサンゼルス・タイムズ(LA Times/Los Angeles Times)」は、ビジネスと政府機関に対してウェブ攻撃に参加した容疑として、イギリスの首都警察(U.K.'s Metropolitan Police)が2011年06月21日火曜日に、ロンドンで19歳の少年を逮捕したと発表したと報告した。

しかし、そのすぐ後に、ハッカーグループLulzSecは、Twitterで「LulzSecの栄光のリーダーは捕らえられて、すべてが終わった… 待ってください… 私たちはここにまだすべています!」「見える。」 とさえずった。

つまり、10代のハッキング容疑者は、メイン・メンバーではなかった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

イギリスの首都警察中央電子犯罪ユニット(The Metropolitan Police Central e-Crime Unit)は、オンライン声明でまだ無名として、「あらかじめ計画された知性主導の操作」におけるエセックス警察と米国からの助けにより、19年の少年を連邦捜査局が捕まえたと言った。
ただし、ティーンエイジャーを特定のハッキンググループ・メンバーとして、正確に指摘していない。

政府機関は、「逮捕はネットワーク侵入に調査に続けています。DDoS(Distributed Denial of Service/分散型サービス妨害)は同じハッキンググループであると考えられる組織によって、多くの国際ビジネスと諜報エージェンシーに対して攻撃されています。」
「ティーンエイジャーは、コンピュータ・ミサス条例(Computer Misuse Act)、および詐欺条例攻撃(Fraud Act offences)の容疑で逮捕され、ロンドン中央警察署に連行され、彼が現在尋問のための保護されたままになっている。」と言った。

政府や警察は、実績として発表しているが、それが真実かどうかを確認する方法も限れられうる。

攻撃も分散型なら、特定も非常に困難だろう。
時に、被害者が加害者として、攻撃していることも希ではなくなっている。

以前、ある人の娘さんのパソコンがウイルスで一杯になり、攻撃していたと言っていたが、その人はその状態を改善するために対策をしていなかった。

それでいて、もし娘さんが逮捕されたりすると、外部に責任を持っていき、攻撃するのだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。