2011年06月23日

アマゾンで、過去に一度も接触したことがない部族を発見!

english.aljazeeraは、ブラジル当局が、外の世界との一度も接触したことがない、遠く離れた領域で部族の航空写真を公開したと報告した。

ブラジルの公的研究機関は、彼らがアマゾンの熱帯雨林の遠く離れた世界で最後の秘境で、過去に一度も接触したことがない部族を見つけたと言っている。

2014年のワールドカップ(2014 World Cup)と2016年のオリンピック(2016 Olympics)が開催される国でのことである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

航空写真は、ブラジル政府の特殊政府機関「Funai」がVale do Javari (Javari Valley)州でな作物によって完全に囲まれた4つの大きいわら葺き小屋を明らかにした。

「Funai」のディレクターアロイシオ・ガピンダイア(Aloysio Guapindaia)は、彼らが安全に部族を維持するために完全に孤立し、働いていると言った。

この部族は、ブラジル、ペルーとボリビアの間の国境にまたがるPano言語集団に属すと考えられている。

この映像の中には、明らかに弓矢で威嚇しようとしている映像もある。

ブラジルは広い!
そこで開催されるワールドカップと2016年のオリンピックの移動手段の確保は、大変だろう。
ましてやついでに観光で全国を漫遊しようなどとは考えない方が良さそうである。

毒矢で襲われたり、首を駆られて、家に飾られるかもしれない。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告