gaYa広告

2011年06月23日

アジアの未来とオーストラリアの立場!

BBC Newsは、シドニーのニック・ブライアント(Nick Bryant)による「Towards an Asian future」を公開した。

今もっとも暑い夏に向かうとき、さらに燃えたぎっているアジア市場の未来を探った。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

オーストラリアと同じくらい、多くの異なった方向に引かれた国を考えにくいと言っている。
イギリスへの歴史的において、感傷的で本質的な付属がある。
アメリカがあるディフェンスと戦略的提携がある。
そして、中国との商業関係があります。
中国は、最近、オーストラリアの主要な貿易相手国として日本に追いついた。

そして、ニック・ブライアントはニュージーランド、オーストラリアの移民の2番目に大きい源で、長年のAnzac心の友さえ、参照していない。

BBCアジアのシーズン・パワーの一部として、未来がどこに横たわるかを尋ねた。

経済見解からの答えは明らかにアジアである。
中国の成長が遅くなっても、インド、ベトナム、日本、およびインドネシアがオーストラリアの鉄鉱石、石炭、および天然ガスのようにリソースの拡張市場を供給する。

アジアの上昇は、平均所得がなぜ、過去20年間全体の期間に、何とか不況を避けた理由を折りたたんだかを説明できる。

その時、資源に富んだ西オーストラリアの首相コリン・バーネット(Colin Barnett)が、キャンベラより多くの時間を中国で過ごすと言うことには、驚きではない。

Mandarinを話すケビン・ラッド元首相(former Prime Minister Kevin Rudd)が、その領域でEUに似せられたアジアパシフィックの創造で、オーストラリアの外交影響を制度化しようとしたのは、驚きではない。

オーストラリアの人口を見るなら、人口の大部分は、イギリス、または、アイルランド人の祖先がまだいる。

しかし、増加するのはアジア人になっている。
現在、オーストラリアの人口のおよそ10%はアジア系で、そして、中国生まれのオーストラリア人の数は過去20年間の間で6倍に増加している。

間違いなくインド太平洋の世紀として、加速するこの過程は、展開している。

もう、オーストラリアは、昔を偲んでヨーロッパの一部という考えには、限界が見え始めている。

ポール・キーティング(Paul Keating)元首相は、アジアに向かって国を再指向するために、彼の前任者のだれより多くのエネルギーを注いだ。

彼は、オーストラリアがアジアで成功できないなら、それが何処にも成功できないと言った。

それ以来、狭い商業意味で、それはかなり成功している。

しかし、オーストラリアは、ますますアジアの未来に関してどのように感じるか?
不安であるのは、1つの答えであった。
無関心であることは、別の答えであった。

1つのインディケータが、オーストラリアの学校でのアジア言語にあった。
日本語はオーストラリアの学校で最も教育されている言語のままであったが、北京語は、さらに人気があるようになったが、他のアジアの言語教育は減少している。

外国政策シンクタンクである「Lowy Institute」のマイケル・ウエスリー(Michael Wesley)は、 アジアのオーストラリアと上昇にかんする本「There Goes the Neighbourhood: Australia and the Rise of Asia」を書いた。

基本的な議論は、汎アジアの影響を映し出すべきであるとき、オーストラリアがはるかに離れた島になったということであった。

このもの凄く燃えたぎっているアジア熱に、オーストラリアは、どう対応すべきか?

先日、2年間ほどオーストラリアで生活した後に、バリに行って、その感覚の違いにパニックになった。

オーストラリアが、アジアの一部に組み込まれることは、可能なのだろうか?

しかし、オーストラリアが、欧米志向では大きくこの熱いアジアに乗り遅れ、孤立する。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告