2011-06-21

熱帯林の鳥は、一般的な生殖の目標に協力し合っている。

NSF(National Science Foundation/国立科学財団)は、熱帯林の鳥マイコドリ(Manakins)は、「レク(leks)」の珍しい同盟、または男性のグループを発見していたと報告した。

「レク」とは、、競争の激しい交配のために、ある動物の種類の雄の集会は表している。

しかし、科学者は、あらゆる「レク」のメンバーも競争相手でないことを知った。

[AD] You can advertise on this site.

ワイヤ尾をしたマイコドリと呼ばれるアメリカ大陸の熱帯林の居住者である鳥は、競争相手と同様に協力者でもあった。

この研究調査は、NSFから資金が供給されている。

最初にマイコドリを見たとき、暗かったので、頭だけしかない鳥かと思ってびっくりしたことを思い出す。

ワシントンDCのスミソニアンConservation Biology Instituteでブラント・ライダー(Brandt Ryder)は、
「雄脊椎動物がしばしば、雌にアクセスを得るか、または生殖の連合を形成する。」
「そして、ほとんどのの雌を競争して取り合う。」
「しかし、共通の利害のために同盟を結んで、ワイヤ尾をしたマイコドリは彼らが協力するという点において異なっています。」
「ワイヤ尾をしたマイコドリは彼らの求愛誇示を調整します。」
「これらの表示、レクが形成したおよび結果になるのはレク社会システムの中の男性の協力に関する希少例です。」と言っている。

何となく、暴走族の彼女争奪戦で、誰かが一人に優先権を与えるのに似ている。

この協力的な振舞いはワイヤ尾をしたマイコドリ・グループのマイコドリ科、、および同じ熱帯林に生息する青で支持されたマイコドリとして知られている別のグループで発展したように見える。

ブラント・ライダー、フロリダ大学(University of Florida)のジョン・ブレーク(John Blake)、ミズーリ州立セントルイス大学(University of Missouri-St. Louis)のパトリシア・パーカー (Patricia Parker)、現在、NSFのEnvironmental Biologyの事業部で休みをとっているフロリダ大学(University of Florida)のルイスとベット・ロイセリー(Bette Loiselle)は最近、ジャーナルBehavioral Ecologyにおける、マイコドリにおけるレクの長期研究の結果を発表した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.