AD SPACE

2011-06-20

東南アジアは今年に入って、すでに1億ユニットの携帯電話を出荷!

Cellular-Newsは、Canalysからの情報として、東南アジアへの携帯電話の出荷は、2010年に出荷された9000万ユニットから、1億600万ユニットの携帯電話を出荷し、19%上昇すると予測した。

主としてスマートフォンが成長を促進し、この数が2015年までに1億6300万ユニットまで増加すると予測している。

[AD] You can advertise on this site.

次の4年間、スマートフォンの出荷は、CAGR(compound annual growth rate/合成年間成長率)39%を実現し、特に強い勢いがインドネシアや、フィリピンやベトナムなどの新興成長市場で予測されている。

Canalysは、その領域のスマートフォン市場拡大をあおるいくつかの主要因として、
東南アジアの積極的な景気見通し、
増強されたデータ購読から加入者のARPU(average revenue per user/一人当たり平均売上)を育てるオペレータ熱意。
エンドユーザの中の強いソーシャルメディア用法。
移動性製品の体力を要している需要。
そして、競争的に値を付けられた携帯電話価格を強調した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.