on-the-time.jp

2011年06月20日

東南アジアは今年に入って、すでに1億ユニットの携帯電話を出荷!

Cellular-Newsは、Canalysからの情報として、東南アジアへの携帯電話の出荷は、2010年に出荷された9000万ユニットから、1億600万ユニットの携帯電話を出荷し、19%上昇すると予測した。

主としてスマートフォンが成長を促進し、この数が2015年までに1億6300万ユニットまで増加すると予測している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

次の4年間、スマートフォンの出荷は、CAGR(compound annual growth rate/合成年間成長率)39%を実現し、特に強い勢いがインドネシアや、フィリピンやベトナムなどの新興成長市場で予測されている。

Canalysは、その領域のスマートフォン市場拡大をあおるいくつかの主要因として、
東南アジアの積極的な景気見通し、
増強されたデータ購読から加入者のARPU(average revenue per user/一人当たり平均売上)を育てるオペレータ熱意。
エンドユーザの中の強いソーシャルメディア用法。
移動性製品の体力を要している需要。
そして、競争的に値を付けられた携帯電話価格を強調した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。