2011年06月20日

大英図書館は、Googleと検索取引を締結。

BBC Newsは、大英図書館(British Library)は、Googleと検索取引を締結し、世界の歴史的な本、パンフレット、および定期刊行物の最も大きい収集の1つから何千ページをもインターネットで利用可能にすることになっていると報告した。

大英図書館には、18世紀までさかのぼる25万テキストで、Googleとの検索取引に達した。

今回の取引により、読者は、大英図書館とGoogleの本の両方のWebサイトで著作権が切れた作品を無料で見て、捜して、コピーできるようになる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

大英図書館は、1年あたり100万人以上の訪問者を得ることになる。

1年あたり100万人というのは、少なすぎるので、これは過小評価かもしれない。

デジタル化されることで選択された作品は、1700年から1870年までさかのぼり、そして、プロジェクトは、Googleがデジタル化のコストを覆い、完成するには数年かかると予測している。

最初にオンライン化される作品の中には、フランスのマリー・アントワネット女王とスペインの発明家ナルシソ・モントルー(Narciso Monturiol)が開発した、世界初の潜水艦に関する1858年のプランに関するパンフレットが含まれている。

Googleには、世界中で約40の図書館と同様のパートナーシップがある。

つまり、Googleと図書館の間で、これまで多く発表されてきたパートナーシップに、最強の一角である大英図書館(British Library)が加わったことになる。

大英図書館の最高責任者ダネ・リンネ・ブリンドリー(Dame Lynne Brindley)は、この計画は皆に知識へのアクセスを提供する大英図書館の19世紀の前任者の野心を拡大したと言った。

「その時した方法は、全世界から本を買って、閲覧室でそれらを利用可能にすることでした。」
「私たちは、だれにでも、どこでも、いつでもアクセスできることが、この誇り高き伝統と信じています…。」
「私たちの目的は、この歴史的な材料への永久のアクセスを提供することであり、Googleのノウハウに結びつけられた私たちの収集が、この目的を達成することを可能にすることを願っています。」と言っている。

Googleの外部の関係のディレクターであるピーター・バロン(Peter Barron)は、「しかし、今日私たちにとって、利用可能な技術に関して強力なことは、子孫の間に歴史と文化を保持するまさしく性能、また、それを新しい方法で生き返らせる性能だけではありません。」

版権があるテキストをデジタル化するGoogleの計画は、米国で重大な法律問題に出くわした。
その中には、アメリカと出版者協会のAuthors Guildがあった。

デジタル化された作品は、書かれた文明のあらゆる時代を表す合計1億5000万以上の項目を収集する図書館のわずかな部分で、その中には、書かれたすべてと、話し言葉に本、ジャーナル、原稿、地図、スタンプ、音楽、特許、写真、新聞、および録音を含んでいる。

私は、昔の黴くさい煉瓦造りの大英図書館しか知らないので---、しかし、その裏舞台はさらに壮絶だった。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト