2011-06-18

インドで最高齢の収監者が、108歳で釈放された。

BBC Newsは、殺人で有罪と宣告され,収監されていた僧侶のブリジ・ビハリ・パンディ(Brij Bihari Pandey)は108歳で釈放されたとほうこくした。

ブリジ・ビハリ・パンディは84歳であった1987年に4人の殺人で、20年以上の裁判の末、2009年に終身刑が言い渡された。
そのとき、彼はすでに106歳で、すでに頻繁に病院に運ばなければならなかった。

[AD] You can advertise on this site.

ウッターパラデッシュ州のゴラクプール刑務所(Gorakhpur jail in Uttar Pradesh)の職員は、ビハールが定期的な病院の訪問を必要とすることから、人道的見地から釈放されたと言った。

彼が歩くことができないので、親類は刑務所から待たせた車まで彼を手で運んだ。

本当の人道的見地なら、刑務所の方が設備が整っているのでは?

刑務所の看守SKシャルマは、正直に、
「108歳の囚人の世話をするのは難しくなっていました。」
「私たちは彼の釈放を申請することにしました。そして、法廷はそれを受け入れました。」
言った。

刑務所ももてあます囚人の釈放が、人道的と言えるのだろうか?

刑務所から運び出されれたとき、ブリジ・ビハリ・パンディは、仲間収監者を抱擁し、その収監者は、花の首飾りを彼に贈った。

刑務所の職員は、彼が破顔一笑で花の首飾りを受け、「神は偉大です。」 「ありがとうございます。」と言ったと伝えている。

ウッターパラデッシュ州のゴラクプール刑務所(Gorakhpur jail in Uttar Pradesh)のGoogle Earthポインター情報
26°46'8.53"N,83°23'25.55"E
または、
26.769036, 83.390431

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.