2011年06月14日

レスビアン・ブロガーの悪ふざけは覆いを取られた。

イギリスの新聞「ガーディアン(Guardian)」は、シリアのレスビアン・ブロガーの正体にかかわる悪ふざけは、別の男性が、ダマスカスで反乱の生き生きとした話を再刊したレスビアン・ブログの後ろにいると認めたと報告した。

ワシントンポスト(Washington Post)は、ダマスカスのブロガーであるアミーナ・アラフ(Amina Arraf)で「Gay Girl」を奨励して、彼女のブログ・エントリーをWebサイトLezgetreal.comで再刊したレスビアン・ニュースのエディタビル・グレーバー(Bill Graber )が、オンライン人格としてポーラ・ブルックス(Paula Brooks)という名前を使用したのが男性であったと言ったと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ビル・グレーバーはAP通信に、「嘘をつきました。LezGetRealはだれもだますことになっていませんでした。」と言って、アイデンティティを確認した。

スコットランドに住む40歳のアメリカ人の男性トム・マックマスター(Tom MacMaster)は、シリアのレスビアンのブロガーアミーナ・アリフのふりをしたと謝った。
ブロガーアミーナ・アリフが報告した拘留は、結局彼のブログが入念に作り上げた策略であったという男性の自供につながって、注意を煽った。

昔は、メーリングリストなどで多くの人が、嘘のアイデンティティで投稿していた。
その中には男性が、女性になりすましていたことが頻繁に起こっていた。

そして、それはほとんどの人が知っていた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告