gaYa広告

2011年06月14日

バクテリアは、古いアート作品修復を助ける。

超過去

discoveryは、本来世界の傑作とフレスコ画法を復元することに関して、非常に危険とのバランスを取る作業になる。

しかし、イタリアとスペインからの複雑な専門家グループは、求められていない特徴を取り除く際に絵へ少しのバクテリアを注入し、断片が時間がたつにつれて修復されることを示した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

プレスリリースによれば、教会の壁を裏打ちするフレスコ画法が、1936年の炎の後にもう少しで破壊するところであったが、1960年代後半に修復された。

しかし、前の修復者は、壁に炎から残っている乾いた塩が、白(仕事の粒状クラスト)を作成して数年間で絵に表れると予期していなかった。

また、彼らは壁画が以前に取り外されたところから硬くなった接着剤の過剰部分を取り除いた。

アートの寿命、回復専門家、および科学者への脅威がそっと取り外すのにバクテリアを使用したイタリアでのチームの助けを求めたとき、塩の層と接着剤を見ると、接着剤は他の作品から硬くなっていた。

協力して作業している間、彼らは乾燥塩層を取り除いて、壊すことができるバクテリアの種シュードモナス(Pseudomonas)を選択した。

フレスコ画を元に戻す他のオプションは、不必要な層を取り除くために化学製品を使うか、それをこすり取る手段を使用することを必要とした。

両方の手段が更なる損害の危険を増加させることは、明確であった。

しかし、移動可能なゲルを通して作品の表面に置かれたバクテリア処理で、湿気は、絵の他の層を壊すか、または変更しなかった。

科学者は、ゲルがなければバクテリアは次々と死ぬと言っている。

そして、他の回復アプローチと異なって、バクテリアは、それらを使用することでどんな毒性の脅威も引き起こさなかった。

またチームが、接着剤の残りの塊を破壊するのに別のタイプのバクテリアを使用した。
バクテリアが塩を取り除いた後に、専門家は、長年それらを保存するために絵の表面を掃除して、乾かした。


これまで、バクテリアと聞くと人類の敵というイメージが先行していたが、その性格を知ることで、彼らの才能を活用できた。
まさに、有機修復である。

これをインターネットにも利用すると、例えばソニーや任天堂、米国上院サイトの攻撃は、セキュリティの弱点を無料で教えてくれたことになる。

そう言えば、死海の書も初期の修復が、手法的に不味いので、「死海文書(Dead Sea Scrolls)」救出大作戦!が展開され、大変な作業になっている。

その作業も、バクテリアを利用することで、もう少し手際よくなるかもしれない。

2010-02-04---「死海文書(Dead Sea Scrolls)」救出大作戦!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。