gaYa広告

2011年06月14日

イタリアの反原発国民投票、圧倒的多数!

AFPは、イタリアで行われていた原子力発電再開の是非を問う国民投票(Italy anti-nuclear vote)が2011年06月13日に行われ、即日開票された。

中間発表によると、投票率は57%で投票は成立。反原発票も90%を超えており、再開反対派が圧倒的多数となることが確実な見通しとなったと報告している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

反原発票が圧倒的多数を占めていることは、福島第1原子力発電所の事故後、ヨーロッパで原子力エネルギーに対する不安が広がっていることを反映している。

シルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相は、「投票率の高さは、われわれの未来に関する決定に参加したいという国民の意志をあらわしており、無視することはできない。」と述べた。

また、この国民投票では、首相、大統領、上下両院議長が在職中に刑事免責特権を与える免責法の是非も問われ、こちらも廃止が確実となった。

greenpeaceは、「Italia ferma il nucleare vota Si」と有名な場所に掲げ、大運動を展開した。

イタリア中がお祭り騒ぎになり、ラップまで公開された。

Repubblica.itによると、投票率は57%で、最終的に95%が拒否した。
そのうえ外国に住むイタリア人も反対し、オーガナイザと有権者の喜びは、イタリアの広場で、祝賀で爆発した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。