2011年06月14日

イタリアの反原発国民投票、圧倒的多数!

AFPは、イタリアで行われていた原子力発電再開の是非を問う国民投票(Italy anti-nuclear vote)が2011年06月13日に行われ、即日開票された。

中間発表によると、投票率は57%で投票は成立。反原発票も90%を超えており、再開反対派が圧倒的多数となることが確実な見通しとなったと報告している。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

反原発票が圧倒的多数を占めていることは、福島第1原子力発電所の事故後、ヨーロッパで原子力エネルギーに対する不安が広がっていることを反映している。

シルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相は、「投票率の高さは、われわれの未来に関する決定に参加したいという国民の意志をあらわしており、無視することはできない。」と述べた。

また、この国民投票では、首相、大統領、上下両院議長が在職中に刑事免責特権を与える免責法の是非も問われ、こちらも廃止が確実となった。

greenpeaceは、「Italia ferma il nucleare vota Si」と有名な場所に掲げ、大運動を展開した。

イタリア中がお祭り騒ぎになり、ラップまで公開された。

Repubblica.itによると、投票率は57%で、最終的に95%が拒否した。
そのうえ外国に住むイタリア人も反対し、オーガナイザと有権者の喜びは、イタリアの広場で、祝賀で爆発した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。