gaYa広告

2011年06月14日

インドの反汚職ハンスト活動家が死去した。

人物

BBC Newsは2011年06月15日に、2011年02月に不法な採掘について抗議し、ハンストに行った36歳のインドの活動家スワミー・ニガマナンド(Swami Nigamanand)が北Uttarakhand州の病院に緊急搬送され、5月に昏睡に陥り、病院で死去したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

職員は、活動家によって要求されるように、政府がKumbh領域で採掘を禁止したと言った。

しかし、インド連邦の環境大臣(Environment Minister)であるジャイラム・ラメッシュ(Jairam Ramesh)は、州政府が活動家の請願を「無視したこと」を責めた。

Matri Sadanと呼ばれるグループの創立会員であったスワミー・ニガマナンドは、2011年2月19日のハンストを開始した。

彼の状態が悪化した後に、4月27日に入院し、5月2日に昏睡に入った、と医師は言った。

The post mortemはレポートで火曜日に、「昏睡(coma)」「敗血症(septicaemia)」および「退行性脳障害(degenerative brain disorder)」を起こし、死去したとかいている。

Matri Sadanの代表であるスワミ・シバナンド(Swami Shivanand)は、彼の状態の悪化に、医師が活動家に「毒の注射を与えた」と申し立てた。

最近インドでは、活動家アンナ・ハザレ(Anna Hazare)、有名なヨーガ導師のババ・ランダウ(Baba Ramdev)などがハンストを行い、2人のハンストで、多くのメディアはスワミー・ニガマナンドのハンストを取り上げなくなっていたと報告している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。