2011年06月14日

Googleはデスクトップ音声検索に着手。

Techcrunchが、Googleのマイク・コーエン(Mike Cohen)がサンフランシスコで開催されたGoogleのInside Searchイベントの舞台に立ち、音声検索(Voice Search)について解説したと報告した。

Googleのスピーチ技術のすべてを導くコーエンは、音声検索が現在27の言語と方言で利用可能であると言い、そして、彼は音声検索が世界の人口の2/3約50億人をカバーすると予測している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

また、GoogleはデスクトップのWebサーチ今日、音声検索における新機能を明らかにした。

基本的に、この特徴は同様にモバイルにおける音声検索でも利用可能で、オーディオ・マイクロホン・ボタンをクリックして、コンピュータに話し、検索ボックスの中から、検索できるようになっている。

この特徴がChromeの音声技術に投機していると言い、デスクトップの音声検索は当分の間Chromeブラウザだけで利用可能になる。

この新機能は今週、Chromeユーザーに発表される。

コーエンは、Googleと声に探されるので、この特徴がGoogleの検索のすべてに含まれていることを意味して、目標の1つが偏在であると言った。

さらに、Google Search By Imageと呼ばれる新しい検索方法も発表した。

モバイル向けGoogle Gogglesに似ているが、さらに洗練されたと言っている。

この機能はimages.google.comからここ数日中に公開される予定になっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。