2011年06月14日

皮膚癌の危険性から、米国のFDA、30年以上ぶりに日焼け止め剤の規格を改訂。

美容と医学の科学

NPR(National Public Radio)は、米国のFDA(Food and Drug Administration/食品医薬品局)人々を日焼けから守って、同時に皮膚癌の危険を減少させ、皮膚の老化を防ぐために、より良い日焼け止め剤(Sunscreens)を見つけることを容易にしようとしていると報告した。

多くのメーカーが、UVA(ultraviolet A/A領域の紫外線)ではなく、UVB(ultraviolet B/B領域の紫外線)から皮膚を守る製品を開発してきた。

UVAは皮膚癌に関係し、UVBは日焼けの原因になる。

つまり、日焼けは、同時に皮膚癌の危険性がある。
さらに、日焼け止めクリームが、安全化ということまで話題になり始めている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

FDAの薬品評価・研究センター(Center for Drug Evaluation and Research)の指導官のジャネット・ウッドコック博士(Dr. Janet Woodcock)は火曜日の記者会見で、
「これは私たちにとって、重要な日です。」
「日焼け止め剤が、現代の規格を満たすことを保証する」変更があると言った。

UVAに対する保護のためのFDAのテストに合格した日焼け止め剤製品と、UVBはワイド・スペクトルとラベルされる。

ワイド・スペクトルと、少なくともSPF15の両方がある製品は、皮膚癌の危険と早めの皮膚の老化の危険を減少させるためにラベルされるかもしれない。

FDAの新しい規則の下で「suncreens」は、もうSPF格付け50で販売できなくなる。

ジャネット・ウッドコック博士は、
「私たちには、多くの50を示しているデータがありません。」

ワイド・スペクトルかSPF15を持っていない製品は、皮膚癌を減少させ、老朽化させないと言う警告ラベルを張るとになる。

ラベルは、「waterproof」または、「sweatproof」でないと受け入れられない。

FDAは1978年に、米国の日焼け止め剤の有効性と安全を確実にするために、カーター政権下で規則を開発した。

AAD(American Academy of Dermatology/(アメリカ皮膚科学会)によると、現在、200万人以上、350万件以上の皮膚癌症例が毎年診断され、報告されている。
現状のままで行くと、米国人の5人に約1人が何らかのポイントで皮膚癌にかかると言っている。

AAD(American Academy of Dermatology/(アメリカ皮膚科学会)のロナルド L. モイ(Ronald L. Moy)会長で皮膚科医によると、「この件数は、他の癌より速く上昇し続けています。」と言っている。

国民の健康と環境民間非営利組織「Consumers Union」と「Environmental Working Group」の両方のグループが、日焼け止め剤の安全と有効性の規則をアップデートするようFDAに促していた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告