2011年06月14日

ベトナムは、南シナ海の兵力を増強!

BBC Newsは、ベトナムのングヤン・タン・ドゥン首相(Vietnam's Prime Minister Nguyen Tan Dung/Nguyễn Tấn Dũng/1949 - )が、上昇している中国との対立と緊張の中で、潜在的軍事の召集令に関して法令を発布したと報告した。

この法令は草稿で、軍からの免税者は戦争が勃発したならだれでも戦場に向かうことを概説している。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ベトナムは、論争している海域に隣接した海で、中国との実弾演習を指導した。

その領域が天然資源が豊かであると考えられて、石油探査船で悩ませるので、ハノイは北京を起訴した。

新しい法令は、国防省の依頼で首相によってサインされ、2つの目的に役立つと言われている。

1番目は、特にベトナムに向かった中国の政策に対して扇動し、政府応答が弱過ぎると言っている人の中で緊張をほぐすことである。
2番目は明確に、南シナ海でのますます断定的な行為がベトナムの政治上、そして、経済の利益のためを傷つけていると知覚されている中国自体を対象にしている。

ベトナムが戦争で戦った最後の1979年時は、中国と共に戦っていた。
今回の武力の誇示は、ハノイが「主権と領土の保全」を防御するために再び力を取り、逃げないないというはっきり聞こえる意思表示を送ったことになる。

どんどん、きな臭くなっている。。
ここらを旅行する人は、そのきな臭さを嗅ぎ分ける臭覚が求められるかもしれない。

その臭覚が鈍って、死んだり、死にかけた人は多い。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト