2011年06月14日

30年ぶりに、インドとスリランカの間でフェリーが渡った!

BBC Newsは、スリランカの内戦で中止になっていたインドとスリランカの間の連絡船が、30年ぶりに再開されたと報告した。

VIPを乗せるインドの客船と数100人の乗船客が、2011年06月14日火曜日の朝、トゥティコリンの南港(southern port of Tuticorin)からコロンボ(Colombo)に到着した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

その船はその日遅くに、インドへの家路に付く。

Scotia Prince号は、週2回の往復を望んでいる。

コロンボのBBC通信員チャールズ・アビランド(Charles Haviland)は、厳しい安全策がScotia Prince号の乗客名簿を規制するために取られたと言った。

シンハラ族によって支配されたスリランカとタミルによって支配されたナドゥには、多くの不信がまだ残っている。

それはそうだろう。

私は、閉鎖される前にインドのラムスワラム(Rameshwaram)からスリランカに、オンボロのフェリーで渡ったことがある。

トゥティコリンの南港(southern port of Tuticorin)のGoogle Earthポインター情報
8°48'9.29"N,78° 8'42.51"E
または、
8.802581, 78.145142

ラムスワラム(Rameshwaram)のGoogle Earthポインター情報
9°17'11.23"N,79°18'36.69"E
または、
9.286453, 79.310192

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告