2011年06月14日

30年ぶりに、インドとスリランカの間でフェリーが渡った!

BBC Newsは、スリランカの内戦で中止になっていたインドとスリランカの間の連絡船が、30年ぶりに再開されたと報告した。

VIPを乗せるインドの客船と数100人の乗船客が、2011年06月14日火曜日の朝、トゥティコリンの南港(southern port of Tuticorin)からコロンボ(Colombo)に到着した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

その船はその日遅くに、インドへの家路に付く。

Scotia Prince号は、週2回の往復を望んでいる。

コロンボのBBC通信員チャールズ・アビランド(Charles Haviland)は、厳しい安全策がScotia Prince号の乗客名簿を規制するために取られたと言った。

シンハラ族によって支配されたスリランカとタミルによって支配されたナドゥには、多くの不信がまだ残っている。

それはそうだろう。

私は、閉鎖される前にインドのラムスワラム(Rameshwaram)からスリランカに、オンボロのフェリーで渡ったことがある。

トゥティコリンの南港(southern port of Tuticorin)のGoogle Earthポインター情報
8°48'9.29"N,78° 8'42.51"E
または、
8.802581, 78.145142

ラムスワラム(Rameshwaram)のGoogle Earthポインター情報
9°17'11.23"N,79°18'36.69"E
または、
9.286453, 79.310192

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。