gaYa広告

2011年06月14日

30年ぶりに、インドとスリランカの間でフェリーが渡った!

BBC Newsは、スリランカの内戦で中止になっていたインドとスリランカの間の連絡船が、30年ぶりに再開されたと報告した。

VIPを乗せるインドの客船と数100人の乗船客が、2011年06月14日火曜日の朝、トゥティコリンの南港(southern port of Tuticorin)からコロンボ(Colombo)に到着した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

その船はその日遅くに、インドへの家路に付く。

Scotia Prince号は、週2回の往復を望んでいる。

コロンボのBBC通信員チャールズ・アビランド(Charles Haviland)は、厳しい安全策がScotia Prince号の乗客名簿を規制するために取られたと言った。

シンハラ族によって支配されたスリランカとタミルによって支配されたナドゥには、多くの不信がまだ残っている。

それはそうだろう。

私は、閉鎖される前にインドのラムスワラム(Rameshwaram)からスリランカに、オンボロのフェリーで渡ったことがある。

トゥティコリンの南港(southern port of Tuticorin)のGoogle Earthポインター情報
8°48'9.29"N,78° 8'42.51"E
または、
8.802581, 78.145142

ラムスワラム(Rameshwaram)のGoogle Earthポインター情報
9°17'11.23"N,79°18'36.69"E
または、
9.286453, 79.310192

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。