2011年06月07日

鮫避け「釣り針」の開発。

NSF(National Science Foundation/米国国立科学財団)は、商用漁業で捕らえられる鮫の数を減少させるために、2つの鮫避け作戦技術を標準の釣りの「釣り針」に結合し、新しいタイプの「釣り針」を開発したと報告した。

面白いことを研究している人達がいる。

それは「SMART Hook」と呼ばれ、2つの鮫避け作戦技術(shark repellent technologies)として、磁気(magnetism)と鮫避け作戦金属(shark repellent metals)を標準の釣りのフックに結合し、MagneticとRepellentによって造られた「釣り針」であった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

完成品は、鮫の鼻で見分けられる非常に敏感な電気感覚で妨げる「釣り針」になった。

マグロなどの市場で貴重な魚は、この電気感覚を持たないので、「SMART Hook」によって退けられない。

2010年に、NSFのSBIR(Small Business Innovation Research/小規模ビジネス開発調査)交付金のサポートで、フロリダキーズ・コミュニティ大学(Florida Keys Community College)のShark Defenseの研究者(Shark Defense researcher)パトリック・ライス(Patrick Rice)と学生の研究者は、S「SMART Hook」をテストするためにシュモクザメと共に飼育試験を行った。

同時に、通常の「釣り針」に取り付けられた餌と「SMART Hook」取り付けられた餌を鮫に与えた。

「釣り針」上の鉤が取り外されたので、鮫は負傷しなかった。

研究者は鮫がそれぞれのタイプの「釣り針」から取った餌の数を記録した。

2つの異なったグループを合計50のテストに続けて、研究者は小さくて、レクリエーションサイズの「釣り針」から食べられた餌で66%の減少と、より大きくて、商用サイズの「釣り針」から食べられた餌で94%の減少を見つけた。

より大きい「釣り針」は、より多くの磁気と鮫避け作戦金属を組み込むことができた。

全体的に見て、「SMART Hook」で使用される磁気と鮫避け作戦金属技術は、位置と種によって、以前に鮫のキャッチの18%から68%の減少を示した。

鮫の磁気の効果について研究して、Shark Defenseで出版しているクレイグ・オコネル(Craig O'Connell)は、
「多くの研究が、鮫が磁石か金属に異なって単独で振る舞うのを示したので、磁気を動電気に結合するのは非常に重要です。」

「鮫には多くの種があります。そして、自己の犠牲を異なって捜し出します。」
「利用可能な2個を持っていると、鮫が思いとどまらせられるという可能性は高められます。」
と言った。

クレイグ・オコネルは、別の「釣り針」を提案している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。