gaYa広告

2011年06月07日

鮫避け「釣り針」の開発。

NSF(National Science Foundation/米国国立科学財団)は、商用漁業で捕らえられる鮫の数を減少させるために、2つの鮫避け作戦技術を標準の釣りの「釣り針」に結合し、新しいタイプの「釣り針」を開発したと報告した。

面白いことを研究している人達がいる。

それは「SMART Hook」と呼ばれ、2つの鮫避け作戦技術(shark repellent technologies)として、磁気(magnetism)と鮫避け作戦金属(shark repellent metals)を標準の釣りのフックに結合し、MagneticとRepellentによって造られた「釣り針」であった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

完成品は、鮫の鼻で見分けられる非常に敏感な電気感覚で妨げる「釣り針」になった。

マグロなどの市場で貴重な魚は、この電気感覚を持たないので、「SMART Hook」によって退けられない。

2010年に、NSFのSBIR(Small Business Innovation Research/小規模ビジネス開発調査)交付金のサポートで、フロリダキーズ・コミュニティ大学(Florida Keys Community College)のShark Defenseの研究者(Shark Defense researcher)パトリック・ライス(Patrick Rice)と学生の研究者は、S「SMART Hook」をテストするためにシュモクザメと共に飼育試験を行った。

同時に、通常の「釣り針」に取り付けられた餌と「SMART Hook」取り付けられた餌を鮫に与えた。

「釣り針」上の鉤が取り外されたので、鮫は負傷しなかった。

研究者は鮫がそれぞれのタイプの「釣り針」から取った餌の数を記録した。

2つの異なったグループを合計50のテストに続けて、研究者は小さくて、レクリエーションサイズの「釣り針」から食べられた餌で66%の減少と、より大きくて、商用サイズの「釣り針」から食べられた餌で94%の減少を見つけた。

より大きい「釣り針」は、より多くの磁気と鮫避け作戦金属を組み込むことができた。

全体的に見て、「SMART Hook」で使用される磁気と鮫避け作戦金属技術は、位置と種によって、以前に鮫のキャッチの18%から68%の減少を示した。

鮫の磁気の効果について研究して、Shark Defenseで出版しているクレイグ・オコネル(Craig O'Connell)は、
「多くの研究が、鮫が磁石か金属に異なって単独で振る舞うのを示したので、磁気を動電気に結合するのは非常に重要です。」

「鮫には多くの種があります。そして、自己の犠牲を異なって捜し出します。」
「利用可能な2個を持っていると、鮫が思いとどまらせられるという可能性は高められます。」
と言った。

クレイグ・オコネルは、別の「釣り針」を提案している。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。