2011年05月30日

北京のテレビ検閲!

イギリスのFT(Financial Times/ファイナンシャル・タイムス)は、中国政府は反対者の多くを刑務所に送り込んだ弾圧をローカルのテレビの検閲に拡大したと報告した。

海外に広げる野心を持って、最も商業的に成功している国営テレビ局湖南ブロードキャスティングシステム(Hunan Broadcasting System)は、新政府検閲要求に従うために放送番組ををオーバーホールしていたとフィナンシャル・タイムズ紙に言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

中国の放送監視委員(Chinese broadcasting regulator)は、最近、排他的に「エンターテインメント」に焦点を合わせないようにテレビ局に警告した。

オーダーがあいまいであったころは、中国の検閲官がしばしば、下品な内容、政治上の異議の反対運動を混入するとき、弾圧がそれらでに対して行われた。

政府がますますオープンな異論と政権闘争に直面して、党の中で政権掌握を強化しようとするとき、より厳しい規制線が引かれた。

党が共産党政治局のメンバーを選ぶとき、党の寛容で強硬路線のメンバーは、2012年の指導部の交代の前に地位をめぐって争う予定になっている。

匿名のオンライン上告が、北のアフリカと中東をさっと通りながら「ジャスミン革命」の線に沿ってデモンストレーションを求めた2月以来、中国は厳しく活動家を取り締まっている。

当局は何十人もの人権専門の弁護士、活動家、および作家を留置した。
また、彼らは、現代の芸術家Ai Weiweiを逮捕した。

また、弾圧は政府が異議をもみ消す傾向がある1989年の天安門広場大虐殺記念日(天安门广场大虐杀纪念/Tiananmen Massacre)の6月4日が優先されていると報告した。

天安門広場大虐殺記念は、中国共産党にとって、もっとも厄介な問題である。

生放送で見たものにとって、中国政府がいくら否定しても、それは嘘になる。

さらに中国のロックもあまり見られないようだ。
しかし、中国以外では、もの凄い数の中国ロッカーがテレビに進出している。

海外向けのロッカーはOK!だが国内向けは規制されている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告