on-the-time.jp

2011年05月30日

大英図書館は、デジタル新聞アーカイブで「国家の記憶」を作成!

イギリスの新聞ガーディアン(The Guardian)は、大英図書館は、「British Library's newspaper collection」として、北ロンドンのコリンデール(Colindale, north London)で、7億5,000万ページのコレクションから4,000万の新規ページを1年計画でデジタル化すると報告した。

今年の秋に、ライブラリは、Webサイトとしてほら穴のような金庫を再発明する。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

そこでは、アマチュア系譜学者と切望している歴史家が彼らのパソコンから19世紀からの新聞をブラウズできるようになる。

これまでに何度も大英図書館は、挑戦してきたが---これまでに、すでに約50万新聞ページをスキャンしてある。

12人のスタッフで、1日あたりおよそ8,000ページをコピーして、アップロードし、それは、約サッカー競技場の大きさをカバーすることになる。

稼動するとき、サイトは、150万のページを表示することを目指し、400万のページが来年末までにアップロードする。

お願いだから、入場を限定しないで欲しい!

古新聞狂より!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。