AD SPACE

2011-05-30

大英図書館は、デジタル新聞アーカイブで「国家の記憶」を作成!

イギリスの新聞ガーディアン(The Guardian)は、大英図書館は、「British Library's newspaper collection」として、北ロンドンのコリンデール(Colindale, north London)で、7億5,000万ページのコレクションから4,000万の新規ページを1年計画でデジタル化すると報告した。

今年の秋に、ライブラリは、Webサイトとしてほら穴のような金庫を再発明する。

[AD] You can advertise on this site.

そこでは、アマチュア系譜学者と切望している歴史家が彼らのパソコンから19世紀からの新聞をブラウズできるようになる。

これまでに何度も大英図書館は、挑戦してきたが---これまでに、すでに約50万新聞ページをスキャンしてある。

12人のスタッフで、1日あたりおよそ8,000ページをコピーして、アップロードし、それは、約サッカー競技場の大きさをカバーすることになる。

稼動するとき、サイトは、150万のページを表示することを目指し、400万のページが来年末までにアップロードする。

お願いだから、入場を限定しないで欲しい!

古新聞狂より!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE