gaYa広告

2011年05月30日

大英図書館は、デジタル新聞アーカイブで「国家の記憶」を作成!

イギリスの新聞ガーディアン(The Guardian)は、大英図書館は、「British Library's newspaper collection」として、北ロンドンのコリンデール(Colindale, north London)で、7億5,000万ページのコレクションから4,000万の新規ページを1年計画でデジタル化すると報告した。

今年の秋に、ライブラリは、Webサイトとしてほら穴のような金庫を再発明する。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

そこでは、アマチュア系譜学者と切望している歴史家が彼らのパソコンから19世紀からの新聞をブラウズできるようになる。

これまでに何度も大英図書館は、挑戦してきたが---これまでに、すでに約50万新聞ページをスキャンしてある。

12人のスタッフで、1日あたりおよそ8,000ページをコピーして、アップロードし、それは、約サッカー競技場の大きさをカバーすることになる。

稼動するとき、サイトは、150万のページを表示することを目指し、400万のページが来年末までにアップロードする。

お願いだから、入場を限定しないで欲しい!

古新聞狂より!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告