on-the-time.jp

2011年05月30日

選挙の暴力は内戦の縁までケニアを持って来た。

BBC Newsは、ICC( International Criminal Court/国際刑事裁判所)の裁判官は2007年の選挙に続いて、力に止めるというケニア政府の要求に不利な判決を下したと報告した。

ICCは、ケニアが、暴力を立案して指揮したとして起訴された6人の容疑者を正しく調査していると立証していなかったと言った。

ケニアの初代大統領の息子、ウフル・ケニヤッタ大蔵大臣(Finance Minister Uhuru Kenyatta)を含む被告は、自分達が約1,000人が死んだ不安の間人道に対する罪を犯したことを否定した。

目撃者を保護する方法について議論するために、ICC職員はケニアに滞在している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ナイロビの職員は、新しい構成と他の改革の採用が、ケニアで責任があるものを起訴する道を切り開いたと主張した。

しかし、オランダ、ハーグのICC裁判官は、彼らが、地方公共団体が今までのところ指定されている6人の容疑者を調査していると立証していなかったと言った。

2011年05月30日月曜日に、ICCの主任検察官の職務からのチームであるルイス・モレノ-オカンポ( Luis Moreno-Ocampo)は、目撃者を保護することに関してケニア当局と議論を始めた。

ICC職員は、「まさしくいずれの特異的予防プログラムも評価できない。」
また、「ポスト選挙の暴力で政府の現在の位置に関係して理解する。」と声明に書かれていた。

モレノ-オカンポ(Moreno-Ocampo)は2011年05月29日日曜日に、政府の上位メンバーが犠牲者に攻撃したとして、ケニアの主権に対して公平に扱うICCの努力を誤り伝えたと不平を言った。

ケニアの法務大臣ムツゥラ・キロンゾ(Mutula Kilonzo)は、主張には真実が全くなかったと月曜日に、アフリカのBBC Focusに言った。

昨年、ICCは、事件、または彼らの家族にかかわる証拠を脅かそうとしただれのために逮捕状を要求して、威嚇に責任があるそれらを特定するために手を打っていたと警告した。

ケニヤッタに加えて、被告は、中断している政府大臣フランシス・ムタウラ(Francis Muthaura)、Postal社チーフのフセイン・アリ(Hussein Ali)、閣僚のウィリアム・ルト(William Rut)、ヘンリー・ヘンリー・コスゲイ(Henry Kosgey)、ラジオの幹部社員ジャシュア・アラップ・サン(Joshua Arap Sang)であった。

2007年12月に大統領選を装備していようとするき、ムアイ・キバキ(Mwai Kibaki)大統領の支持者が起訴された後に、内戦の縁にケニアを持って来た暴力は突発した。

ムアイ・キバキと、その対立候補ライラ・オディンガ(Raila Odinga)が、後者のふさわしい首相と共に、権力を共有するのに同意したとき、紛争は終わった。

また、彼らは、責任があるものがケニアかハーグのICCで、正しい判断に直面するのに同意した。

ICC裁判官は、2011年9月に彼らが出廷するべきであるかどうか決めるために傍聴を開催することになっている。
断罪されるなら、彼らは無期懲役に直面するかもしれない。

Supporters of Mwai Kibaki in 2007

* Uhuru Kenyatta - deputy prime minister and finance minister and son of Kenya's founding president
* Francis Muthaura - head of civil service and cabinet secretary
* Hussein Ali - police chief during the violence

Supporters of Raila Odinga in 2007

* William Ruto - former minister of higher education. Member of the Kalenjin community
* Henry Kosgey - former minister of industrialisation - chairman of Odinga's Orange Democratic Movement
* Joshua arap Sang - reporter and executive of radio station, Kass FM

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト