on-the-time.jp

2011年05月30日

ドイツは、日本の事故が良いきっかけになったと言っている!

BBC Newsは、ドイツの外務書記のアンゲラ・メルケル(German Chancellor Angela Merkel)は、2022年までに原子力を段階的に廃止するという決定が再生可能エネルギーで彼女の国を先駆者にすることができると言ったと報告した。

アンゲラ・メルケルは、ドイツがこの変更で経済的利益を獲得すると言った。

ドイツは、センターの正しい支配的な連合のために方針転換で、原子力を放棄する最も大きい工業大国になる。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

アンゲラ・メルケルは、日本の福島で起こった危機に続いて、原子力を見直すためにパネルをセットした。

3月に地震と津波によって引き起こされた原子力の危機は、ドイツで大規模な反核主義者抗議につながった。

反核主義者の運動は、3月の下旬にドイツのみどりの党(Green party)を押し上げた。

アナリストは、アンゲラ・メルケルが、みどりの党との将来の連合をじっと見ているかもしれないと言った。

日本も、福島原発の事故を良いきっかけにして、大改革が必要になる。

効率的には原子力発電は合理的だが、危険性と廃棄物管理の限界から、回避するきっかけが必要であった。

事故を起こしていないドイツができて、事故を起こした日本ができないとは恥ずかしすぎる!

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。