2011年05月30日

世界の食品価格は2030年までに倍増する。

BBC Newsは、Oxfamが世界的指導者による世界食料システムの改革をするために行動を取らないと、主要部分の食物の価格は20年で倍以上に増える警告したと報告した。

Oxfamは、2030年までには主要な作物の平均費用が、120%から180%上がると予測している。

その増加の半分は、気候変動によって引き起こされると、Oxfamはレポート「Growing a Better Future」で予測している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

xfamのチーフエグゼクティブであるバーバラ・ストッキング(Barbara Stocking)は、
「私たちが気候変動のますます緊急の挑戦に打ち勝つつもりであるなら、陸、水、およびエネルギーへの食品価格と不足にらせん状に動かして、食品系をオーバーホールしなければなりません。」と言っている。

レポートでOxfamは、4「食糧不安ホットスポット(food insecurity hotspots)」で、彼らの市民に食べさせるために、既に戦っている領域を強調した。
* グアテマラでは、小自作農の農業者の州の投資の不足のため、86万5000人が食糧不安で危険、とOxfamが言っている。その農業者は、輸入食品に非常に依存している。

* インドの人々は、イギリスの居住者より、食物で彼らの収入の割合から2倍以上費やしている。
それは、1リットルのミルクのための10ポンドと米の1キロのための6ポンドと同等物を支払っている。

* アゼルバイジャンでは、小麦の生産が昨年気候不良のため33%下がり、小麦をロシアとカザフスタンから輸入させ、食品価格は2010年12月に2009の同じ月より20%高かった。

* 東アフリカでは、最も困難なヒットの中の女性と子供と共に、800万人が、現在干ばつのため慢性の食糧不足に直面している。

また、世界銀行(World Bank)は、上昇する食品価格が極端な貧困に何百万人もの人々を押し込んでいると警告した。

2011年4月に、中東と北部アフリカで気候問題によって、食品価格が36%動かされ、1年前のレベルを超えていたことを示した。

Oxfamは、食物市場を治めて、貧乏人が飢えないのを保証するために、各国政府機関に新しい規則を同意して欲しい。

それは、世界的指導者が、
* 商品市場で透明性を増加させ、そして、先物市場を規制する。
* 食餌貯蔵物を拡大する。
* 生物燃料の促進を終わらせる政策。
* 小自作農の農業者、特に女性に投資する。
などに賛同しなければならないことを示した。

バーバラ・ストッキングは、
「私たちは危機の回避可能な時代に向かって夢中で歩行しています。」
「世界が皆に食べさせることができるという事実にもかかわらず、地球上の7人の1人は毎日、飢えます。」
と言った。

ただし、G8で被っているお面の日本人は菅直人首相ではなく、麻生元首相のようだ!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。