on-the-time.jp

2011年05月29日

台風で、福島原子力発電所の作業は中断した!

BBC Newsは2011年05月30日に、破壊された原子力発電所の東京電力は、厳しい天気のために準備されなかったことを認めたちょうど何日も後に、台風による屋外の作業のいくつかを中断させたと報告した。

大雨と強風は東北日本を見舞った。

原子力発電所からのより放射性の高い材料が海陸に排水するかもしれないという恐れがある。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

気象庁は土砂崩れと洪水を警告した。
ただし、気象庁の警告は津波のときから、まったく信頼できない。

台風「ソングダー(Songda)」は2011年05月30日日曜日遅くに、南西日本の上の熱帯低気圧に弱ったが、強風と雨は、東北をつき続けた。

東京電力は6つの原子炉建屋の1つの地下水のレベルが24時間でおよそ6m(20フィート)まで、およそ20cm(8in)上昇したと月曜日早朝に報告した。

「私たちは、水のレベルが地面の中に染み込んだ雨水のため上昇したと推定します。」とスポークスマンは話している。

作業者は、燃科棒がオーバーヒートするのを防ぐために何千トンもの水を破損している原子炉に吹き付けている。

この応急処置は4原子炉のビルで、放射性汚染水の水たまりになっていた。

東京電力は、原子炉1と4の破損しているビルの周りでレジンなどの反飛散エージェントを注いでいる。

東京電力は、2人の労働者が危険量の放射にさらされるかもしれないと言った。

30歳代と40歳代の2人の男性は、累積的に公式の安全限界を超えている放射にさらされるかもしれない。

会社役員は、2人の男性が「応急治療を必要とする段階でなかった」と言っている。

管直人首相の特別顧問は土曜日に、プラントの現在の安全対策を「適切であると言うことができない」と言って、東京電力を非難した。

このような意見を言う管直人首相の特別顧問は、すべてすぐ確認できるように名前を公開して欲しい。

日本の場合、意見は言うが名前を隠す人が多すぎる。

東京電力と日本政府は、福島原子力発電所危機の取り扱いで広範囲の非難に、国内外から直面している。

だからこそ、名前を明らかにすべきである。

名前をsきらかにしているのは、東京電力の方が明らかである。

それは、気象庁も同じである。

予報や警告を出す場合は、津波のときのように無責任な判断になり、大きな犠牲者が出るので、すべて責任者名を明らかにすべきである。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト