2011年05月17日

欧州会議は学校で携帯電話とWi-Fi使用の規制を要求。

ドイツのDeutsche Welleは、ヨーロッパ委員会(Council of Europe)から今月発行され、欧州会議で発表された最新の報告では、学校で携帯電話とWi-Fiを禁止を推薦したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

欧州会議でとくに、人間で発生中の若い脳への「潜在的に有害な」効果を引用し、校庭上での電磁場に対して、より多く予防策を講することを勧めた。

電磁場が人の健康に有害であるという科学的証拠の不足にもかかわらず、委員会は、その件への「予防」のアプローチを取るよう政府に促した。

Environment, Agriculture and Local and Regional Affairs委員会によって行われたレポートでは、
「高いレベルの科学的で臨床の証拠を待つことは、アスベスト、有鉛のガソリン、およびタバコが過去にそうであったように非常に高い健康と経済コストに通じることができます。」と言っている。

欧州会議は、47のヨーロッパ諸国を代表して、欧州大陸のほとんどあらゆる国を含め、また、カスピ海に沿ってロシア、トルコ、および他国のアゼルバイジャンとアルメニアを含んでいる。

推薦はしばしば欧州諸国によって考慮に入れられるが、それはEU(European Union/ヨーロッパ連合)の一部ではなく、そして、立法府でもない。

ルクセンブルクの緑の党MPのジーン・フス(Jean Huss)によって導かれた委員会レポートは、電磁放射の現在許容で、「閾値」を下ろすことを勧めるという生涯の被曝量のために敷居を確立することで、最も人目を引いている中で、学校での携帯電話とワイヤレス・ネットワークを禁止している。

これは若くて展開している脳への携帯電話の効果に関する委員会の特別の心配を反映した。

その上、製品で改良されたラベルか電磁場がある領域、および詳しい情報のために健康におけるキャンペーンを携帯電話とWi-Fiの塔に関連しているリスクと呼び掛けた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。