2011年05月17日

「神の粒子」の有無の結論。

AFPは2011年05月18日に、スイスのジュネーブの近くにある世界最大の粒子加速器LHC(Large Hadron Collider/大型加速器)を運用するCERN(European Organisation for Nuclear Research/欧州合同原子核研究機構)が2011年05月17日に、2012年末までに「神の粒子」とも呼ばれるヒッグス粒子(Higgs Boson)の有無に関して結論が出るだろうとの見解を示したと報告した。

スイスのCERNの物理学実験室から2011年04月26日に、「神の粒子(God particle)」とも呼ばれる「ヒグス粒子/Higgs boson)」であったかもしれないというメモが漏洩し、科学Webサイトを循環したことから発表することになったのだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

CERNのロルフ・ホイヤー(Rolf-Dieter Heuer)所長が英国王立協会(Britain's Royal Society)で会見を開き、「2012年の終わりまでには、「ヒッグス粒子」のシェークスピア的な問い、『あるべきかあらざるべきか(To be, or not to be?)』に答えが出るだろう」と述べた。

光速に近い速度で陽子同士を衝突させるLHCで当初は、出力を上げる作業のため12年初めに停止される予定だったが、「ヒッグス粒子」の探索のため停止を1年間延期することが数週間前に決定されたと報告した。

物理学において、質量という謎がいまだに解明されていない。
謎を解くカギと考えられているのが概念的な亜原子粒子「ヒッグス粒子」で、1964年にその存在を提唱したイギリスの物理学者ピーター・ヒッグス(Peter Higgs)の名前にちなんでいる。

「ヒッグス粒子」は、「質量は粒子そのものには由来しない」という理論に基づいている。
この理論によると、質量は、粒子と「非物質粒子(ヒッグス粒子)」の衝突で一部の粒子が減速することにより発生する。

「ヒッグス粒子」が発見されれば、宇宙のすべての粒子や力を1つの統合された理論のもとで説明するいわゆる「標準理論(Standard Model)」の最後のピースの1つが埋まることになる。

2011年04月26日に、CERNで「ヒッグス粒子」の影を検出したといううわさが野火のように広まったが、誤った情報であることがのちに判明した。

「ヒッグス粒子」が発見されると、発見者とピーター・ヒッグスのノーベル物理学賞受賞はほぼ間違いないと言われている。
 
CERNのホイヤー所長は、「ヒッグス粒子」が存在しないとおい結論に達した場合でも、標準理論は振り出しに戻るものの、「成功と言える」と指摘したと報告している。

スイスのジュネーブの近くにあるヨーロッパの素粒子物理学センター「CERN(Conseil Europeen pour la Recherche Nucleaire/欧州合同原子核研究機関)」のGoogle Earthポインター情報
46°14'2.48''N,6° 3'10.76''E
または、
46.234022, 6.052989

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告