on-the-time.jp

2011年05月17日

世界経済フォーラムの「Mobile Financial Services Development Report 2011」

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、世界経済フォーラム(World Economic Forum)とボストン・コンサルティング・グループ(The Boston Consulting Group)によって発表された最新の「Mobile Financial Services Development Report 2011」からの報告として、モバイル金融サービスが地球規模で「かき起こすための盛り土をしている最中」で、手段として役立つことが認識されているにもかかわらず、広範囲の採用はまだ達成されていないと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

底辺人口の金融ニーズを満たすために、モバイル振り替えをに伴うスケールを達成したものさえ、ほとんどの国がノンバンクのプレーヤーへの規定条項の柔軟性、市場構造の競争力、個人の金融リテラシー技能、およびそれらが強くなるのに焦点を合わせるべき時期に来ていると報告している。

「Mobile Financial Services Development Report 2011」はアフリカ、アジア、およびラテンアメリカの20の国を含んで、100以上の変数の総合的解析を提供している。

それはモバイル金融サービスの重要なスケールを達成して、正式な経済から除かれた10億の需要を満たすのに必要な重要な要素を測定している。

今、実に面白い状況になってきた。
モバイル・マネーの世界は、完全な逆転現象が起こっている。

先進国ほど、モバイルペンイメントを最終目標にし、発展途上国ほど、本格的なモバイル・マネーを採用し始めた。

なぜこんなことが起こったのか?

実は、その背景にクレジットカードと巨大銀行の思惑が絡んでいる。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。