on-the-time.jp

2011年05月17日

NATO軍は、リビア政府に爆弾とパンフレット攻撃!

VOA(Voice of America/ボイス・オブ・アメリカ) Newsは、NATO軍がリビア政府の要塞に対する空爆と、心理作戦として、カダフィの忠誠な軍にリーフレットをばらまき、家に帰るように訴えていると報告した。

また、メッセージは、NATO空爆のための仮想ターゲットであるときに、どんな軍装備品から遠くに動くようカダフィの忠誠な軍に促している。

NATO軍の空爆は、首都トリポにあるリビアのセキュリティー・サービスで使用されるビルなどが火曜日に狙われた。

カダフィの忠誠な軍が守備している施設を事前通告して、逃げるように指示し、爆撃している!

それらのビルは、空爆の後、火災になっていた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

その間、ロシアは、リビアが国連安全保障理事会の決議に従って、住宅地域から軍隊を撤退するよう呼びかけた。

ロシアの外務大臣セルゲイ・ラヴロフ(Russian Foreign Minister Sergei Lavrov)は、2011年05月17日火曜日にモスクワでリビア政府の代表に会った。

セルゲイ・ラヴロフは、NATOが爆撃を終わらせるなら、リビアがアフリカ連合和平案(African Union peace plan)を見る意欲を表現したと言いました。

イタリア外相フランコ・フラッティーニ(Italian Foreign Minister Franco Frattini)は、国連とリビアの当局が要塞化しているリビアのリーダーが追放の身となる方法を探していると言った。

隣接しているチュニジアでは、リビアの石油相シュクリ・ガーネム(Shukri Ghanem)が離任して、チュニジアに亡命したと言った。

リビア当局は亡命を確認していない。

シュクリ・ガーネムは、リビアの国営石油のチェアーマンで、カダフィ政権のベテラン・メンバーである。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告