2011年05月17日

NATO軍は、リビア政府に爆弾とパンフレット攻撃!

VOA(Voice of America/ボイス・オブ・アメリカ) Newsは、NATO軍がリビア政府の要塞に対する空爆と、心理作戦として、カダフィの忠誠な軍にリーフレットをばらまき、家に帰るように訴えていると報告した。

また、メッセージは、NATO空爆のための仮想ターゲットであるときに、どんな軍装備品から遠くに動くようカダフィの忠誠な軍に促している。

NATO軍の空爆は、首都トリポにあるリビアのセキュリティー・サービスで使用されるビルなどが火曜日に狙われた。

カダフィの忠誠な軍が守備している施設を事前通告して、逃げるように指示し、爆撃している!

それらのビルは、空爆の後、火災になっていた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

その間、ロシアは、リビアが国連安全保障理事会の決議に従って、住宅地域から軍隊を撤退するよう呼びかけた。

ロシアの外務大臣セルゲイ・ラヴロフ(Russian Foreign Minister Sergei Lavrov)は、2011年05月17日火曜日にモスクワでリビア政府の代表に会った。

セルゲイ・ラヴロフは、NATOが爆撃を終わらせるなら、リビアがアフリカ連合和平案(African Union peace plan)を見る意欲を表現したと言いました。

イタリア外相フランコ・フラッティーニ(Italian Foreign Minister Franco Frattini)は、国連とリビアの当局が要塞化しているリビアのリーダーが追放の身となる方法を探していると言った。

隣接しているチュニジアでは、リビアの石油相シュクリ・ガーネム(Shukri Ghanem)が離任して、チュニジアに亡命したと言った。

リビア当局は亡命を確認していない。

シュクリ・ガーネムは、リビアの国営石油のチェアーマンで、カダフィ政権のベテラン・メンバーである。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。