2011-05-16

中国も電力需給ひっ迫、4年来で最も厳い!

新華社北京は2011年05月17日に、中国電力企業連合会(中国电力企业联合会)が2011年05月16日に発表した統計によると、全国の1〜4月の電力消費は、第二次産業向けを中心に増加を続け、製造業の4月の電力消費量は過去最多を更新した。
1~4月の火力発電設備の稼働時間は直近3年の平均を上回っており、2011年の電力需給情勢が国際金融危機が起きた2008年以来、最も厳しいと言っている。

[AD] You can advertise on this site.

2011年01〜4月の中国の電力消費量は前年同期比12.4%増加した。
2011年04月は前年同月比11.2%増加し、伸びは3月比で2.2ポイント低下した。
2カ月連続での伸び鈍化となり、季節的な特徴を映し出した。
ただ、4月の日間平均電力消費量は1月、3月とほぼ横ばいで、電力需要の安定した増大を反映している。

第二次産業の4月の電力消費量は前年同月比11.3%増となり、伸びはこの期の全体消費量を上回ったが、3月と比べると3.7ポイント低下した。
総電力消費量に占める割合は76.6%だった。
製造業の日間平均電力消費量は73億KW時に達し、70億KW時代に初めて突入した。
これは、製造業の旺盛な生産情勢を反映したと報告している。

2011年04月の電力消費に占める化学工業、建材、鉄鋼、非鉄の重点4業種の割合は34.4%となり、3月比で3.1ポイント上昇した。
化学工業と建材の電力消費量は過去最多を更新、鉄金属や非鉄精錬業の月間電力消費量も高水準を維持した。

1~4月に新設された発電設備は容量ベースで前年同期比340万KW減の1885万キKWだった。
火力発電設備の新規分が前年同期に比べて388万KW減少したことが主因であった。
発電設備の新設分は水力が212万KW、風力が324万KWに達し、前年同期と比べてやや増えた。
太陽光発電設備は6.18万KW分が新設された。

2011年04月末の全国の発電設備の総容量は約9億8000万億KWになった。
火力発電設備の比率は75.6%で、前年同期を1.4ポイント下回った。
風力発電設備は1.2ポイント上昇した。
地域別では、西部の省で、設備の新設ピッチが速く、寧夏、新疆、甘粛、青海、貴州、内蒙古、雲南の新設容量の伸びは軒並み17%を超えた。
東部は緩やかな伸びとなり、浙江では1.7%にとどまった。
「西電東送」(西部の電力を東部に送るプロジェクト)の建設が滞ったこともあって、東部で電力供給不足がみられた。

全国の一定規模を備えた発電所の2011年01~4月の発電量は前年同期比12.6%増の1兆4305億KW時だった。
2011年04月は前年同月比11.7%増となり、伸びは2011年03月と比べて3.1ポイント低下した。
中でも、水力発電量の伸びが大きく鈍化した。
石炭価格高騰による火力発電量の伸び悩みも加わり、一部の省で電力需給情勢が悪化している。

月間火力発電量は4カ月連続で3000億KW時を超え、2010年ピーク時の各月の発電量を大幅に上回り、発電用石炭の供給に圧力をかけた。
発電設備の稼働時間は需給関係を反映する中核的な指標だ。
2011年01~4月の火力発電設備の稼働時間は1734時間と、前年同期と比べ20時間増え、直近3年の同じ期を上回った。
東部と中部では多くの省で、火力発電設備の稼働時間が2007年の同時期を上回った。

2011年01~4月の全国の電力分野への投資額は前年同期比10.4%増の1547億元だった。
うち、発電所向け投資額が実行ベースで15.9%増、送電整備向け投資額が同ベースで4%増加した。
送電網向けの投資額の伸びは2010年以降、はじめてプラスとなった。
発電所向けの投資額は水力が59.9%増、原子力が27.6%増、風力が22.9%増となり、火力向けの投資比率が下落を続けた。

石炭価格高騰により、火力発電が落ち続けていると言っている。

しかし、中国の石炭採掘量は膨大だろう。
中国というと、石炭の臭いを思い出すが、だいぶ変わってきているようだ。

あれだけ大きな国に、電力を安定供給するには、原子力に頼るしかないと考えているのだろう。
しかし、本当は分散化し、家庭内発電システムがもっとも効率的で、安全と言える。

もう、集中型発電システムの時代は、終わるべきかもしれない。

そこで、面白いの太陽による将来の燃料、安全な家庭用原子炉の開発である。
この場合の原子炉は、ウランではなく、酸素、水素、太陽になる。

原子炉=ウランという時代は、もう古いのかもしれない。

GPSシステムにエネルギーを供給するのに日光、空気、および水だけを使用する新しい太陽による将来の燃料を開発する計画が進められている。

バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)は2011年01月25日に、「カリフォルニア工科大学では、私たちの車のために日光と水を燃料に変える方法を開発しています。」と言った。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.