2011年05月17日

中国の通信大手3社が水面下で、「iPhone5」争奪戦を展開。

新華社は2011年05月18日に、2011年05月17日付け広州日報(广州日报)からの情報として、米国のアップル社の「iPhone 4」ブームが冷めないうちに、中国の3大通信事業者が発売前の「iPhone 5」の販売権獲得を狙っていると報告した。

中国モバイル(China Mobile/中国移動/中国モバイル・コミュニケーションズ社/China Mobile/China Mobile Communications Corp.)は9月にも「iPhone 5」の導入是非を最終決定する計画で、中国聯通(China Unicom/中国ユニカム/チャイナユニコム)と中国テレコム(中国電信/チャイナ・テレコム/China Telecom)も「iPhone 5」導入に積極的だと報告している。

中国聯通広東支社の孫達副総経理は、「iPhone 5」の導入を目指し、本社がアップルと協議中であることを明かした。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

中国聯通は、もともと「iPhone」を販売してきたが、ップルのiPhoneが、中国のTD-LTE規格にで働く「iPhone」を視野に入れたことから、一気に中国モバイルの関心が高くなったのかもしれない。

しかし、それは日本で、iPhoneを販売してきたソフトバンクが、中国のTD-LTE規格を採用するというニュースがきっかけであった。

ただし、アップルの「iPhone 5」はLTEをサポートしないと言う意見もある。

中国移動と中国電信との競争に直面し、中国聯通は、ユーザー補助や一定数量のiPhoneの代理販売など、アップルの提案に妥協した。
この歩み寄りは大成功を収めた。

孫副総経理によると、中国聯通はiPhoneを強みに国内シェア33%を新たに獲得した。
iPhone契約ユーザーが3Gユーザーに占める割合は当初目標の6%を大幅に上回る10%に達した。
広東聯通の3Gユーザーは4月時点で250万件を突破し、料金100元以上の移動体通信ユーザーの割合は2009年末の9.7%から2011年4月には15%に拡大した。

「iPhone 4」の販売を巡って、アップルと合意に漕ぎ着けられなかった中国移動と中国電信はいずれも「iPhone 5」を争奪戦の重点に置いた。

そして、中国移動が「iPhone 5」の導入についてアップルと合意し、9月に最終結果が公表されるという情報が2011年05月16日に流れた。

また中国電信も、CDMAネットワークにおけるi「iPhone 4」の試験運営に成功して、「iPhone 5」の導入は必至とみられると報告した。

中国のインフレが、高級なiPhoneへ一気に動きだしている。
2年ほど前のイギリスに似てきた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告