gaYa広告

2011年05月17日

記録!ビッグマック25,000を食べた男。

BBC Newsは2011年05月18日に、Big Mac attackとして、米国の退職した刑務所護衛官の男が25,000個の記録的なバーガーを食べたと報告した。
ドン・ゴロスケ(Don Gorske)は最初に9歳で食べ始めてから、39年間になる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

彼の故郷ウィスコンシン州フォンジュラック(Fond du Lac, Wisconsin)のマクドナルドで、彼の名誉における式典で彼は、「私は死ぬ」までビッグマックを食べ続けていると言った。

57歳のドン・ゴロスケは、2004年の記録映画「Super Size Me」に現れた。
「Super Size Me」は食生活マクドナルド食の日々の影響を見た。

彼は細い、そして、彼のコレステロールは低いと言われている。

彼は、2011年05月17日火曜日に世界記録第25,000バーガーを前にしながら、ジャーナリストに、
「19歳であったときに、最初の1,000 Big Macsを食べた。ちょっと好きでした。私は、どれくらい前に、1万個を記録したかと思いました。」
「私は高齢者で退職しているのに、2万5000個を記録するとき、私はまるで少年のようであった。」
「私は50歳ともう少し歳をとったが、もの凄い年寄りではない。しかし、そのような重大事件に達するくらいの長い間生きると考えていなかった。」と言った。

ドン・ゴロスケは、ビッグマックを16口で食べて、カレンダーで彼の消費の動向をおさえると言っている。

毎週、月曜日に6個と木曜日の8個を買って、彼がそれらを食べる準備ができるまで、冷蔵庫か冷凍庫にそれらを保存する、と彼は言った。

彼の妻は、「彼女はミキサーにそれらを入れなければならないとき、終わりが来る。」と彼に言った。

医師は、ドン・ゴロスケの食事法を推薦しないと言った。

ウィスコンシン州フォンジュラック(Fond du Lac, Wisconsin)
43°46'22.96"N,88°26'49.38"W
または、
43.773044, -88.447050

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。