on-the-time.jp

2011-05-16

最終的なアトランティスの「ロールオーバー」。

NASAは2011年5月16日月曜日23:00:00 -0500に、スペースシャトル・アトランティスが最終的な計画として、Orbiter Processing Facility-1から、フロリダ州ケネディ宇宙センターのVAB(Vehicle Assembly Building/Vehicle議会ビル)まで移動したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

「ロールオーバー」と呼ばれる移動は、S2011年7月前半に狙う、ISS(International Space Station国際宇宙ステーション)へのSTS-135任務の処理で主要な重大事件になる。

VABでは、スペースシャトル・アトランティスに外部燃料タンクと固体燃料ロケットブースターを装着する。

このミッション指揮官(Commander)であるクリス・ファーガソン(Chris Ferguson)、パイロット(Pilot)のダグ・ハーリー(Doug Hurley)、ミッション専門技術者(Mission Specialists)のサンドラ・マグヌス(Sandra Magnus)とレックス・ワルハイム(Rex Walheim)は移動のために近くに居た。

Photo credit: NASA/Jack Pfaller

これがスペースシャトル計画の最後になるのか?
いつまで最後が続くのか?

細部を見ると、中古車販売店に並んだ車の中で、もっとも多くの修理痕が残る中古車より、オンボロで、切ったり張ったりが目立つ。

中古車であれば、廃車になっていることだろう。
これで本当に宇宙に行って大丈夫なのかと心配になる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE