2011-05-16

コロンビア・ジャーナリズム校が「The New York World」を開始!

コロンビア大学のジャーナリズム専門校(Columbia University's Graduate School of Journalism)は、生活の基盤になる官営の責任あるジャーナリズムをニューヨーク市の市民に提供するように設計されたデジタル・プロジェクトとして「The New York World」を開始したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

学校の創設者ジョゼフ・ピューリツァー(Joseph Pulitzer)によって発行された新聞にちなんで名付けられ、プロジェクトには最大6人の新規卒業者、教授陣、および在校生の才能を配備する。

「The New York World」のWebサイトは、話題、データ、および他の情報をローカル・ニュース・プロバイダーに提供して、通信社として機能する。

そこでは、サービスが割り当てられて、税金がどう費やされるかに関して市民がもう少し学ぶことができる。

「The New York World」は、コロンビア大学のジャーナリズム専門校で不可欠の部分になる。

デジタル・ジャーナリズムが市民に、彼らの政府がどのように働くかを理解するのを助ける効果的な方法を革新して、作成するように、そのエディタとスタッフはTowセンターと共に緊密に働くことになる。

さらにエディタは、サイトのコンテンツと大家を強めるためにジャーナリズム専門校と他の大学で教授陣を雇うことになる。

また、ジャーナリズム専門校は、「The New York World」のマルチメディア・レポーターとデータ・スペシャリストとして勤めるために新しくて最近の卒業生を雇っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE