2011-05-16

ホワイトハウスが、グローバル・サイバースペース戦略を公開。

Google NewsはAFPからの情報として、ホワイトハウスが2011年05月16日月曜日にオープンで安全なインターネットを確実にすることへの国際協力のために1セットの政策提議を公開したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

米国大統領バラク・オバマ(US President Barack Obama)は、25ページの「International Strategy for Cyberspace.(サイバースペースに関するインターナショナル戦略)」への序論として、「私たちは、オープンで、共同利用できて、安全で、信頼できるサイバースペースの未来を造るために、一緒に働くことができます。」と書いた。

サイバーセキュリティを外交約束に伴う最優先にしたオバマ大統領は、ドキュメントが「サイバースペースの未来のビジョンだけではなく、それがわかるための議題も概説する」と書いている。

政策ドキュメントは、詳細で短いが、それが、7つの重点分野と呼んだかで、サイバースペースのために米国ビジョンを促進することへの国際協力に目標と枠組みを提供する。

国務長官のヒラリー・クリントン(Secretary of State Hillary Clinton)は革新を奨励して、知的財産を保護して、取り引きするためにインターネットの自由と経済約束を促進することを含む、7つの重要政策プライオリティで戦略蝶番を示した。

他のプライオリティは、法施行が「私たちの同盟がサイバーの脅威に立ち向かうためにそれ以上のことを一緒にするのを助ける」ためにサイバー犯罪と軍事協力関係に応じる能力を高めるのを含んでいる、とクリントンは言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.