2011-05-16

ノキアの携帯電話事業部をマイクロソフトに売却するという噂!?

Cellular-Newsは、ノキアのウォッチャーとして有名なエルダー・ムルタジン(Eldar Murtazin)が、ノキア(Nokia)は携帯電話事業部をマイクロソフト(Microsoft)に売却する協議をしているいうとんでもない大げさな噂 があると書いていると報告した。

ポストの端の短い切れ端は、ノキアが来週それの電話ユニットの販売に関してマイクロソフトと交渉に入ることを示した。
そして、すぐ金融協定が2011年の終わりまでに調印されて、可能な取引は発表されると言っている。

[AD] You can advertise on this site.

両社は急いで、大きいありうると言ったと書いている。

シンビアン(Symbian)プラットホームからスマートフォンのためにWindows Phone OSに切り替わるというそのその後の決定を導くために、元マイクロソフトの幹部スティーブン・エロプ(Stephen Elop)を指名して以来、マイクロソフトへの売却の話は猛烈になっていると言っている。

もっとも、それがノキア・シーメンス・ネットワーク(Nokia Siemens Networks)、マッピング会社のNavteq、およびその巨大なパテント・プールの中に株式がおかれているだろうということに従って、そのような売却は、ほぼ確実に会社の閉鎖につながると言っている。

残余財産のノーテル・スタイル離散販売は、ほぼ確実に保証される。

このように分割されるフィンランドの最高級品会社の政治的な影響を過小評価できない。
そして、マイクロソフトは取引での株主反乱を逸らすために、大規模なプレミアムを支払わなければならない。
順番にそれ自身の株主による反逆を怒らせる。

マイクロソフトがそのような取引で利益を引くのは、人々にノキアが彼らなしで、どう存在できたかを質問させるほど巨大でなければならないと言っている。

スティーブン・エロプのCEO就任、Windows Phone OSの採用、Skypeの買収と続いたゲームのファイナルとして書かれたSF物語かもしれない。

しかし、現在のApple社は、実質的にスティーブ・ジョブスのNeXT社が買収したという結果になって、成功している。

このもの凄い噂は、業界で渦巻いている。

以前、こんなことを冗談で書いたこともあったが---

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE