gaYa広告

2011年05月17日

カダフイ使節は、モスクワで会談を開催。

BBC Newsは、リビアのリーダーであるムアマル・カダフイ将軍(Col Muammar Gaddafi)の使節はロシアの当局と共にモスクワで会談を開催することになっていると報告した。

BBC Newsは2011年04月03日に、要塞化しているムアマル・カダフイ(Muammar Gaddafi)の政府からの使節として、アブデラティ・オベイディ副外務大臣(Deputy Foreign Minister Abdelati Obeidi)が見かけの平和使節として、ギリシャに到着したと報告した。
しかし、その後の動きはほとんど変化が見られない。

これを解決するには、ギリシャでは荷が重すぎた。

1日後に反逆者職員がモスクワで会議を予想されたが、「技術的な理由」でロシアに延期されていた。

クレムリンは、合法的権力として反逆者を認めることを拒否して、まだカダフイ将軍との正式な結びつきを持っている。

ICC(International Criminal Court/国際刑事裁判所)の主任検察官は2011年05月16日月曜日に、カダフイ将軍の逮捕をうるさく求めた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

検察官ルイス・モレノ-オカンポ(Prosecutor Luis Moreno-Ocampo)は、カダフイ将軍の息子サイフアル-イスラム(Saif al-Islam)、および国家情報庁長官アブドラアル-サヌシ(Abdullah al-Sanussi)が民間人への「広範囲の、そして、系統的な攻撃」に対する最もすばらしい責任を担ったと言った。

ICC裁判官は、彼らの逮捕のための令状を発行するかどうかを判決しなければならない。

リビア政府は、発表を無視すると既に言った。

ロシアの外務大臣セルゲイ・ラヴロフ(Sergei Lavrov)は月曜日に、
「私たちはトリポリとベンガジの両方(反逆者職員)の代表と共にモスクワでミーティングに同意しました。」と言った。
「明日、トリポリからの公式の使節はここにいるでしょう。」
「水曜日に、ベンガジからの使節は、ここにいるべきでしたが、私たちにお知らせくださったとき、彼らは、技術的な理由でこの訪問を延期するようにやむを得ず私たちに頼みました。」と言い足した。

モスクワは、反逆者との会談が「すぐに、行われること」を望んでいると言うだけで、彼は遅れを引き起こしたことを指定しなかった。

また、ラヴロフは、リビアの戦いを終わらせるために、モスクワの呼び出しを繰り返して、ロシアが「すべてとの対話を行うのにおいて、準備ができている。」と強調した。

これだけ多くの国が絡んでいる中で、完全な駆け引きの鍵をロシアが握れるのか?

リビア革命40周年に起こった暴動は、解決できるのか?
NATO軍の空爆で、カダフイの息子を殺した。

例のように、ムアマル・カダフイ将軍殺害まで続くのか?

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告