on-the-time.jp

2011年05月17日

フランスが2018年ライダー・カップの招致国として命名された。

人物

BBC Newsは、フランスはお気に入りのスペインを撃退して、2018年にライダー・カップ(2018 Ryder Cup)のための招致国として命名されたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

パリの近く、Le Golf Nationalコースは、ポルトガル、ドイツ、オランダから選ばれた。

フランスが米国マッチに対して2年に1度のヨーロッパを接待した最初で、ヨーロッパ本土でプレーされる2回目になる。

最初は、1997年に行われ、その時、故セベ・バレステロス(Seve Ballesteros/1957 - 2011)が、スペインのValderramaで辛勝にヨーロッパのキャプテンを務めた。

マドリードの後援者としてセベ・バレステロスは、5回の主要な勝者の名誉でイベントをスペインに与えるために入札して、2011年5月7日に、54歳で癌により死去した。

Le Golf NationalコースのGoogle Earthポインター情報
48°45'20.29"N,2° 4'21.29"E
または、
48.755636, 2.072581

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。