on-the-time.jp

2011年04月12日

フェルミは蟹星雲における'超火焔'を見つけた。

NASAは2011年05月11日に、有名な蟹星雲超新星残骸(Crab Nebula supernova remnant)は、以前に物から見られたどんな揺らめく炎よりも5倍強力な莫大な揺らめく炎で噴火したと報告した。

2011年04月12日に、NASAのフェルミγ線宇宙望遠鏡( Fermi Gamma-ray Space Telescope)は最初に、激発を検出し、6日間続いた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

星雲は、地球に1054年間達した発光した爆発している星の残骸である。

星座トーラス(Taurus)の中あり、6,500光年離れたところにある。

拡張ガス雲の中心部に、1秒あたり30を回転させるsuperdense中性子星で残されているオリジナルの星のコアがある。

各回転のときに、星は、パルサーとして、知られている回転している中性子星の律動的に送られた放出の特性を作成して、放射の激しいビームを地球に向かってスイングしている。

宇宙物理学者は、これらのパルスは別として、蟹星雲が高エネルギー放射線の実際には一定の源であると信じていた。

しかし、1月に、NASAのフェルミ(Fermi)、スウィフト(Swift )、およびロッシィエックス線タイミング・エクスプローラー(Rossi X-ray Timing Explorer)を含むいくつかの軌道にある天文台に関連している科学者は、エックス線活力で長期の明るさ変化を報告した。

米国エネルギー省(Department of Energy)のSLAC National Accelerator Laboratoryとスタンフォード大学(Stanford University)に所属するKavli Institute for Particle Astrophysics and CosmologyにあるフェルミのLAT(Large Area Telescope)チーム・メンバーであるロルフ・ブーラー(Rolf Buehler)は、
「蟹星雲は、私たちが現在理解しているだけである高エネルギーの可変性を完全に接待します。」と言っている。

2009年以来、フェルミとイタリア宇宙局(Italian Space Agency)のAGILE衛星(AGILE satellite)は、星雲がエックス線変化を観察したより1億電子ボルト(eV)以上から何百倍も高い活力におけるいくつかの短命なガンマ線揺らめく炎を検出している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告