on-the-time.jp

2011年04月12日

フェルミは蟹星雲における'超火焔'を見つけた。

NASAは2011年05月11日に、有名な蟹星雲超新星残骸(Crab Nebula supernova remnant)は、以前に物から見られたどんな揺らめく炎よりも5倍強力な莫大な揺らめく炎で噴火したと報告した。

2011年04月12日に、NASAのフェルミγ線宇宙望遠鏡( Fermi Gamma-ray Space Telescope)は最初に、激発を検出し、6日間続いた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

星雲は、地球に1054年間達した発光した爆発している星の残骸である。

星座トーラス(Taurus)の中あり、6,500光年離れたところにある。

拡張ガス雲の中心部に、1秒あたり30を回転させるsuperdense中性子星で残されているオリジナルの星のコアがある。

各回転のときに、星は、パルサーとして、知られている回転している中性子星の律動的に送られた放出の特性を作成して、放射の激しいビームを地球に向かってスイングしている。

宇宙物理学者は、これらのパルスは別として、蟹星雲が高エネルギー放射線の実際には一定の源であると信じていた。

しかし、1月に、NASAのフェルミ(Fermi)、スウィフト(Swift )、およびロッシィエックス線タイミング・エクスプローラー(Rossi X-ray Timing Explorer)を含むいくつかの軌道にある天文台に関連している科学者は、エックス線活力で長期の明るさ変化を報告した。

米国エネルギー省(Department of Energy)のSLAC National Accelerator Laboratoryとスタンフォード大学(Stanford University)に所属するKavli Institute for Particle Astrophysics and CosmologyにあるフェルミのLAT(Large Area Telescope)チーム・メンバーであるロルフ・ブーラー(Rolf Buehler)は、
「蟹星雲は、私たちが現在理解しているだけである高エネルギーの可変性を完全に接待します。」と言っている。

2009年以来、フェルミとイタリア宇宙局(Italian Space Agency)のAGILE衛星(AGILE satellite)は、星雲がエックス線変化を観察したより1億電子ボルト(eV)以上から何百倍も高い活力におけるいくつかの短命なガンマ線揺らめく炎を検出している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告