2011年05月11日

ボブ・マーレイの伝説は生き続ける!

人物

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル/Wall Street Journal)のSpeakEasyは、36歳で1981年05月11日に癌で死去したボブ・マーレイ(Bob Marley/Robert Nesta Marley/ロバート・ネスタ・マーレイ/1945 - 1981)から30周年になることから、小説家クリス・コーネル(Chris Cornell)に、ジャマイカ生まれのレゲエ伝説の消滅30周年をマークするために、彼の考えを共有するように頼んだと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

クリス・コーネルは'ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)'でボブ・マーレイに敬意を表した。

歌手のクリス・コーネルは、サウンドガーデン、オーディオスレイヴ(Soundgarden, Audioslave)の「ジミー・ファロンがあるレイト・ナイト(Late Night with Jimmy Fallon)」でボブ・マーレイの「償却の歌(Redemption Song)」を歌って、ジャマイカ生まれのシンガー・ソングライターに敬意を表した。

ビートルズやローリングストーンズ、サンタナ、セックス・ピストルズなども好きだが、もっとも好きなボブ・マーレイの話題になると、慌ててすべての記事を読んでしまった。

多くのファンはもう、ボブ・マーレイがいつ死んだかなど、忘れてしまっただろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告