on-the-time.jp

2011年05月11日

ボブ・マーレイの伝説は生き続ける!

人物

WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル/Wall Street Journal)のSpeakEasyは、36歳で1981年05月11日に癌で死去したボブ・マーレイ(Bob Marley/Robert Nesta Marley/ロバート・ネスタ・マーレイ/1945 - 1981)から30周年になることから、小説家クリス・コーネル(Chris Cornell)に、ジャマイカ生まれのレゲエ伝説の消滅30周年をマークするために、彼の考えを共有するように頼んだと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

クリス・コーネルは'ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)'でボブ・マーレイに敬意を表した。

歌手のクリス・コーネルは、サウンドガーデン、オーディオスレイヴ(Soundgarden, Audioslave)の「ジミー・ファロンがあるレイト・ナイト(Late Night with Jimmy Fallon)」でボブ・マーレイの「償却の歌(Redemption Song)」を歌って、ジャマイカ生まれのシンガー・ソングライターに敬意を表した。

ビートルズやローリングストーンズ、サンタナ、セックス・ピストルズなども好きだが、もっとも好きなボブ・マーレイの話題になると、慌ててすべての記事を読んでしまった。

多くのファンはもう、ボブ・マーレイがいつ死んだかなど、忘れてしまっただろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。