gaYa広告

2011年05月11日

スイスのジェット・マン、グランドキャニオンを飛行!

BBC Newsは、ジェット・マン(Jetman)として知られているスイスの冒険家イヴ・ロッシー(Yves Rossy)がジェット・スーツを着込んでグランドキャニオン上の飛行を完了したと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

彼は、キャニオンの2万フィートまで上昇し、約8分飛行した後、最後はパラシュートを開いて着陸した。

世界には、いろいろなことで驚かすことが好きな人がいる。

できれば両腕にミサイルでも持って、攻撃でもしたら----

しかし、映像は、部屋にいるうるさい蠅のようだった。

そして、いずれスピード狂のジョン・コッブ(John Cobb)ドナルド・キャンベル(Donald Campbell)の多くのように、事故死することだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告