gaYa広告

2011年04月23日

NASAが宇宙から見た地球の磁場を視覚化!

AFPは2011年04月29日に、NASAが2011年04月23日に宇宙から見た地球の磁場を視覚化した概念図を公開したと報告した。

それはまるで鉄の粉に磁石を置いたときに現れるパターンのようであった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

地球はまるで磁石のように反応した。
科学者はその形と構造を探るのに1世紀を費やした。

この視点は、概念的だが、宇宙時代のの始まり以来行われてきた本当の科学観測に基づいて作成されている。

オレンジと青の線は、N極とS極から出る磁力線を描いている。

磁力線は実際には見えないが、地球の周辺を移動している原子を構成する粒子の陽子や電子を数えるセンサーで感知することができる。

鉄粉と磁石の場合、左右対称になるが、地球の磁場は太陽に面する側では押しつぶされ、反対側では伸びている。
これは太陽風の影響で起きる。
太陽風は太陽から吹き出す独自の磁場を持つ高速粒子の流れである。

太陽からの有害な放射能とホットプラズマの大部分から、オゾン層などが宇宙の中にそれから向きをそらして、私たちを保護するので、人間の生活にとって重要である。

磁場に絶えず私たちの最も近い星の放出によって吹きつけられる。

太陽風の放出は宇宙天気として知られている現象で、無線を中断したり、衛星を破損する場合があり、地球電流の周りの宇宙を流れる電流に通じることができる。

また、それらは美しいオーロラを発生させる。

1.References
2. Carlowicz, M. and R.E. Lopez (2002) Storms from the Sun: The Emerging Science of Space Weather. Accessed April 22, 2011.
3. NASA (n.d.) Storms from the Sun poster. Accessed April 22, 2011.
4. NASA (n.d.) The Exploration of Earth's Magnetosphere. Accessed April 22, 2011.
5. Windows to the Universe (n.d.) The Earth's Magnetic Field. Accessed April 22, 2011.

Visualization built by Greg Shirah and Tom Bridgman, NASA/Goddard Space Flight Center Scientific Visualization Studio. Caption by Mike Carlowicz

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。